はじめての小籠包

 RX100M6, おかず, カメラ, 料理  はじめての小籠包 はコメントを受け付けていません
2月 272020
 
大きめの小籠包

生まれて初めて小籠包を作りました。皮から手作り。もっちり食べ応えあり。市販やお店のものとはまた別物かなぁ。作る工程が楽しく、とても美味しかった!皮をもっと薄く作りたいときは、市販の餃子の皮に頼ろう。

<材料>8個分

・強力粉 25g
・薄力粉 70g  
・塩 ひとつまみ
・湯 50ml

煮こごり

・湯 75ml  
・粉末鶏ガラスープ 小さじ1
・粉ゼラチン 2g

・豚肉(切り落とし) 80g
・玉ねぎ 1/4個
・ねぎ 10cm
・しょうが 薄切り一切れ
・しょうゆ 小さじ1
・みりん 小さじ1
・酒 小さじ1    
・オイスターソース 小さじ1/2
・ごま油 小さじ1/2
・塩 ひとつまみ

<作り方>

  1. 皮の粉類をボウルに入れて混ぜ、湯を注ぎながら混ぜて捏ねます。俗に言う耳たぶの固さにこね上げます。
  2. ボウルに丸めてオーブンペーパーをかぶせた上にしめらせたペーパータオルを重ねて、ラップでボウルをきっちり覆います。30〜1時間室温で休ませます。
  3. 煮こごりを作ります。コップに湯と鶏ガラスープの素を溶いて、ゼラチンをパラパラとかけてふやかし、泡立て器で溶かします。
  4. バットに流し込んで冷蔵庫で固めます。
  5. 具を作ります。フードプロセッサーでしょうがをみじん切りにしてから、豚肉を加えてミンチにします。さらに角切りにした玉ねぎとねぎを加えて粗挽きします。
  6. ボウルに移して残りの調味料をすべて入れて捏ねます。さらに固めた煮こごりを目の粗いザルで漉して加えて混ぜます。
  7. ボウルを冷蔵庫で休ませます。その間に皮を伸ばしておきます。
  8. 皮の生地を打ち粉をして打ち台に取り出して棒上にしてから8等分にカットします。丸めて並べて、寝かしていたときに使ったオーブンペーパー、ペーパータオル、ラップで覆い、15分ほど休ませます。
  9. 広げた生地を置いておくための大きめのトレイにオーブンペーパーを敷き、打ち粉をして、皿に同じサイズにラップをかけておきます。
  10. 生地を大判タイプの餃子の皮ほどの大きさに丸く伸ばし、トレイのオーブンペーパーとラップの間に乾かないように広げておきます。
  11. 皮に具を乗せて一周ヒダを付けて、口を閉じて、オーブンペーパーとラップの間に入れておきます。
  12. 中華鍋に湯をわかします。せいろを水に通して湿らせてからオープンペーパーを敷き、小籠包がくっつかないように並べて蓋をします。7分蒸して完成です。酢を付けていただきます。