バスクチーズケーキ

 α7, お菓子, カメラ, チーズケーキ, ヘルシーシェフMRO-NY3000, 料理  バスクチーズケーキ はコメントを受け付けていません。
3月 042020
 
バスクチーズケーキの粗熱が取れたふわトロの状態

各コンビニのバスチーを食べ比べてたりしてましたが、手作りチーズケーキの新しいレパートリーに加えたくなりました。

レシピもいろいろ見比べていましたが、やはりクリームチーズと生クリームの量が多くて。美味しいのだからしかたがないのだけど、自分で納得のいく量に調整しました。

焼成も思いの外高温なので電気代が心配…という小心者ですが、エイヤッとオーブンを250度に余熱して230度で一気に焼きました!

なんといっても表面の焦げの香ばしさがめちゃくちゃ美味しいのだから。コレが無くちゃバスチーじゃないもの。

バスクチーズケーキ
バスクチーズケーキ

<材料> 直径15センチ型

  • クリームチーズ(フィラデルフィア) 200g
  • 塩 ひとつまみ
  • きび糖 70g
  • 卵 3個(174g)
  • 薄力粉 大さじ1(9g)
  • サワークリーム(自家製) 25g
  • 生クリーム(乳脂肪36%) 130ml

<作り方>

  1. 型に合わせてオーブンペーパーを折っておきます。
  2. 型の内側にサラダオイルを塗り、ペーパーを重ねてさらに表面にオイルを塗ります。
  3. 材料を全て室温にもどすか、冷蔵庫のクリームチーズはレンジ500w30秒で柔らかくしておきます。卵は溶いて濾しておきます。薄力粉は茶こしで振るっておきます。オーブンを250度30分にセットしておきます。
  4. 大きめのボウルにクリームチーズと塩入れて、泡立て器で滑らかにします。
  5. きび糖を加えて混ぜます。
  6. 卵を数回に分けて加えてはよく混ぜます。
  7. 薄力粉をザッと入れてよく混ぜます。
  8. サワークリームと生クリームを加えてよく混ぜます。
  9. 型に生地を静かに流し込み、泡をアルコールスプレーで消します。
  10. オーブンの中段で230度で30分焼きます。

型の表面にオイルを塗り、折った型紙を重ねて、さらにオイルを塗っています。

バスチー焼けてすぐ
バスチーをオーブンから取り出した直後。焦げが良い感じ!
バスチーの粗熱が取れたところ
バスチーの粗熱が取れたところ