6月 182017
 

基本のホットドッグ用バンズです。手軽に作れます。

基本のホットドッグ用バンズ

基本のホットドッグ用バンズ

 

<材料>ホットドッグ用バンズ型4個分

  • 強力粉…200g
  • ドライイースト(サフ金)…3g
  • 塩…3.5g
  • きび糖…15g
  • 水…93ml
  • 卵…25g
  • 無塩バター…10g

<作り方>

  1. 大ボウルに塩、強力粉、きび糖を入れてホイッパーでふんわり混ぜ合わせておきます。
  2. 水をレンジで20秒ほどあたためておきます。
  3. 大ボウルにドライイーストと卵を加えて、ぬるま湯を注ぎながら捏ねます。
  4. ある程度まとまったところでバターを加えて15分ほど捏ねます。
  5. サッと丸めてラップをして15分休ませます。
  6. 丸め直してラップをして室温で1時間1次発酵。
  7. 4等分して丸め直してボウルをかぶせて15分ベンチタイム。
  8. 型に薄くバターを塗っておきます。
  9. 生地を楕円形にのばして横長に3つ折りにして、さらに二つ折りにして閉じてクッペ型にして型に入れます。
  10. 35度のスチームオーブンで50分2次発酵。
  11. オーブンを200度に予熱して15分焼きます。
 Posted by at 5:54 PM

型離れしやすい抹茶のマドレーヌ

 iPhone, Lightroom CC, Photo editing, お菓子, デバイス, ヘルシーシェフMRO-NY3000, メディア, 写真, 料理  型離れしやすい抹茶のマドレーヌ はコメントを受け付けていません。
5月 272017
 

抹茶たっぷりのマドレーヌ。型離れしやすい方法で焼くので、焼き上がりすぐにスルッと気持ちいい!

型離れしやすい抹茶のマドレーヌ

型離れしやすい抹茶のマドレーヌ

<材料>9個分

  • 無塩バター…50g
  • 薄力粉…50g
  • ベーキングパウダー…小さじ1/4
  • 塩…ほんのひとつまみ
  • 抹茶…3g
  • 卵…1個(58g)
  • グラニュー糖…50g

<作り方>

  1. バターを湯煎にかけて溶かします。
  2. 薄力粉、ベーキングパウダー、塩をふるいに2〜3回かけてボウルに入れます。
  3. 茶こしで抹茶を加えて、泡立て器で全体をフワッと混ぜ合わせておきます。
  4. 中ボウルに卵とグラニュー糖を入れて、湯煎で白くとろりとなるまで泡立てます。
  5. 粉類を加えてヘラで粉気が無くなるまでサクッと混ぜます。
  6. 溶かしバターの上澄みを回し入れて、ヘラで全体になじませます。溶かしバターの底の白濁はできるだけ残します。
  7. ボウルにラップをかけて冷蔵庫で1時間休ませます。
  8. 焼き型にオイルスプレーを20センチ離したところからまんべんなく吹き付けて、冷蔵庫で冷やしておきます。オイルは垂れない程度にたっぷりかけます。
  9. 型に大さじ1弱ずつ生地を流し込み、底をたたいて気泡を出します。
  10. 180度に余熱したオーブンで10分焼きます。高温で長く焼くと型にくっついて離れにくくなります。
  11. オーブンから取り出し、爪楊枝の先でマドレーヌを取り出して網で冷まし増す。

型にはオイルスプレーをたっぷりと。粉をはたくとくっつくことがわかりました。

焼くときは低温でできるだけ短時間で。長く焼くとパサパサになり型にくっつきやすくなります。

抹茶のゼブラチーズケーキ

 α6000, お菓子, カメラ, タルト, デバイス, ヘルシーシェフMRO-NY3000, メディア, 写真, 料理  抹茶のゼブラチーズケーキ はコメントを受け付けていません。
5月 212017
 

抹茶をたっぷり使ったベイクドチーズのゼブラケーキです。シマシマを作る工程がとても楽しい!

IMG_3218

直径15センチ型

<材料>

タルト生地

  • 無塩バター…30g
  • 細粒グラニュー糖…20g
  • 卵…8g
  • 薄力粉…40g
  • アーモンドプードル(またはアーモンドを砕いたもの)…4g
  • 塩…ひとつまみ

チーズケーキ生地

  • クリームチーズ…150
  • 細粒グラニュー糖…60g
  • 塩…ひとつまみ
  • 生クリームで作ったサワークリーム…125ml
  • 薄力粉…大さじ1.5(10g)
  • 卵…1/2個
  • 抹茶…3g

<作り方>

  1. 生クリームのパック200mlにヨーグルトを20g加えてふたをして室温で6時間〜半日おき、サワークリームを作って冷蔵庫に冷やしておきます。
  2. タルト地を作ります。バターを室温に戻し、泡立て器でクリーム状に軽く練ります。
  3. 砂糖を加えて軽く混ぜ合わせ、卵を加えて軽く混ぜます。
  4. 粉類を小ボウルに入れて泡立て器でふんわり混ぜ合わせます。
  5. 3に4の粉類をバサッと入れて、ヘラで切るように混ぜ、粉気が無くなったら広げたラップに乗せます。
  6. もう一枚ラップをかぶせて、ケーキの型の底で生地をギュッと押してから、麺棒で平らにのばし、ケーキ型の底よりも少し大きめに広げて、オーブンシートにひっくり返してのせて、爪楊枝の頭で穴を均等に開けます。
  7. 180〜160度のオーブンで20分焼き、冷まします。
  8. ケーキ型の底をタルトにあてて、タルトの余分なところを切り落とします。型よりも気持内側をナイフの先で軽く何度も引いてカットするのがポイントです。
  9. ケーキ型の側面にに薄くバターを塗って底の大きさに合わせてオーブンペーパーを円形に切って底に敷いてからタルトを重ね入れ、冷蔵庫にいれておきます。
  10. チーズケーキ生地を作ります。クリームチーズを室温に戻し、泡立て器で柔らかく練り、砂糖を加えてなめらかに混ぜます。
  11. サワークリームを加えて混ぜ、さらに生地が緩くなりすぎないように様子を見ながら溶き卵を加えて混ぜます。トロトロではなくトロリな感じです。
  12. 薄力粉をふるいにかけながら加えてさっくりと混ぜます。
  13. 生地の半分弱を別のボウルに移し、抹茶をふるい入れて混ぜます。
  14. 型の下にアルミ皿を敷いてその上に抹茶生地から大さじ2、型の中央から丸く静かに流し入れます。
  15. 次にプレーン生地を大さじ2、型の中央から静かに流し入れます。これを互いの生地が無くなるまで繰り返します。
  16. オーブンを180度に余熱し、天板に熱湯を1リットル注ぎます。オーブンに入れ、180〜160度で60分中央が盛り上がるまでじっくり蒸し焼きにします。
  17. オーブンから取り出し、冷ましてから冷蔵庫で一晩寝かし、型から取りだし切り分けます。
7月 292016
 

生地がだれないように硬めに作り始めて、冷蔵庫で冷やしながら形成するのがポイント!

すいかのクッキー

すいかのクッキー

<材料>直径5センチ9個分

クッキー生地

  • 無塩バター…50g
  • 塩…ほんのひとつまみ
  • 粉糖…30g〜50g
  • 卵黄…8g
  • 薄力粉…100g
  • 食用色素(赤)(緑)…ほんのひとつまみ
  • 卵白…少々
  • 黒ごま…適宜

<作り方>

  1. 薄力粉をボウルに入れて泡立て器でふんわり混ぜておきます。
  2. 別の中ボウルにバターを入れて室温で柔らかくして、泡立て器でクリーム状にします。塩もほんのひとつまみ加えます。
  3. 2のバターに粉糖を加えて泡立て器で切るように混ぜ、卵黄を加えて混ぜます。
  4. 薄力粉を一気に加えて、泡立て器で粉がなじむように混ぜます。
  5. 生地の半分程度を小ボウルに取り分けます。ごく少量の水で溶いた食用色素(赤)を加えて混ぜます。
  6. 小皿に少量の水で溶いた食用色素(緑)を添付のさじで加えて混ぜます。残りの生地を2等分しして一方にはごく少量緑を加えて、もう一方には濃い目に生地に加えて混ぜます。生地が硬いようであれば卵白を少量加えます。
  7. 赤の生地をラップに包んで、直径4センチほどの棒上に伸ばして冷蔵庫へ。
  8. 薄い緑と濃い緑は大まかに長方形にラップでまとめて冷蔵庫へ。
  9. 打ち粉をした台で薄い緑の生地を平らにのばして赤い生地を1周包み、ころころ厚みを均等にして冷蔵庫へ。
  10. さらに濃い緑の生地を気持ち長めにのばして、棒状の生地を一周包んで、均等にして冷蔵庫へ。
  11. ほどよい硬さに冷えたところでナイフで厚さ4〜5ミリ幅に切り、オーブンシートに乗せます。
  12. オーブンを180度に余熱します。生地にゴマを一粒ずつのせて指で軽く押して、160〜150度で20分焼きます。

<POINT>

粉糖を使います。50gの方がやはり一口食べて美味しいです。

生地はだれないように硬めから始めます。堅すぎるようであれば色を混ぜたあとで卵白をごく少量ずつ加えます。

生地は切れるナイフでカットします。

色を混ぜ込むときはヘラで切って折重ねを繰り返します。多少練りすぎてもサックリ焼き上がります。

サクサク! モンスターボール・クッキー

 Lightroom CC, MacBook Pro, Photo editing, α6000, お菓子, カメラ, クッキー, デバイス, ヘルシーシェフMRO-NY3000, メディア, 写真, 料理  サクサク! モンスターボール・クッキー はコメントを受け付けていません。
7月 292016
 

2つの円形クッキー抜き型とナイフがあれば作れちゃう! サクッと食感のモンスターボールクッキー!

サクサク! モンスターボール・クッキー

サクサク! モンスターボール・クッキー

夏、遠方に送る焼き菓子のひとつとして考えました。チョコレートは輸送中に溶けてしまうので使用は避けて、着色によってパーツを識別できるようにしました。

<材料>直径4.8センチ9個分

  • 直径5センチの円形のクッキー抜き型
  • 直径1.5センチの円形の抜き型

クッキー生地

  • 無塩バター…50g
  • 塩…ほんのひとつまみ
  • 粉糖…30g〜50g
  • 卵黄…8g
  • 薄力粉…100g
  • 食用色素(赤)(黄)…ほんのひとつまみ
  • 卵白…少々

<作り方>

  1. 薄力粉をボウルに入れて泡立て器でふんわり混ぜておきます。
  2. 別の中ボウルにバターを入れて室温で柔らかくして、泡立て器でクリーム状にします。塩もほんのひとつまみ加えます。
  3. 2のバターに粉糖を加えて泡立て器で切るように混ぜ、卵黄を加えて混ぜます。
  4. 薄力粉を一気に加えて、泡立て器で粉がなじむように混ぜます。
  5. 生地の1/10程度を小ボウルに取り分けます。ごく少量の水で溶いた食用色素(黄)を加えて混ぜます。
  6. 残りの生地を2等分して、一方に少量の水で溶いた食用色素(赤)を加えて混ぜます。生地が硬いようであれば卵白を少量加えます。
  7. 赤と白の生地をそれぞれワックスペーパーではさんで、4ミリの厚さに伸ばし、直径5センチのクッキー抜き型で抜きます。
  8. 打ち粉をしたオーブンシートに並べて、ナイフで半分に切ります。紅白の半円ずつペアにして軽く合わせます。
  9. 中央を1.5センチの型で抜いて、同じ型で抜いた黄色の円形の生地をはめ込みます。接合部分に爪楊枝で卵白を塗ります。
  10. 生地を優しく接合して、オーブンを180度に余熱します。160〜150度で20分焼きます。

<POINT>

粉糖を使います。50gの方がやはり一口食べて美味しいです。

生地はだれないように硬めから始めます。堅すぎるようであれば色を混ぜたあとで卵白をごく少量ずつ加えます。

色を混ぜ込むときはヘラで切って折重ねを繰り返します。多少練りすぎてもサックリ焼き上がります。

接合が面倒であれば、最後に表面に卵白を刷毛で塗ります。ただし表面が粗くなります。個数少なめにして接合面に卵白を爪楊枝で塗った方がキレイに仕上がります。