9月 012012
 

雲が続々接近中!
雲低い! 手を伸ばせば届きそう…?

雲が続々接近中!

雲が続々接近中!

8月 312012
 

まだまだ夏空~!
と思っていたけど、すじ雲に秋の気配…。

すじ雲に秋の気配

すじ雲に秋の気配

8月 182012
 

夕日に向かって飛んでいくヘリコプター。

アニメのワンシーンのような夕空

アニメのワンシーンのような夕空

お仕事終えてヘリポートに戻るのかな。
シャープなシルエットが凛々しい!

11月 262011
 

トイカメラで有名な「Holga」から、iPhone4用のケース兼用フィルタ「SLFT-IP4」が発売されましたので、早速、試してみました。

SLFT-IP4のパッケージ

SLFT-IP4のパッケージです(表面と裏面です)

Holgaは、安く大量に売られる事を目的としたカメラメーカーだったのですが、安価なつくり、とくにケラレ(画像周辺部分の影)や光量不足、ゆがみなどからマニアックなファンが付き、今では「トイカメラ」として雑貨店などで幅広く売られているカメラです。

トイカメラは文字通り、遊びに使うカメラですから、シャープで階調豊かな写真が撮れるわけではありませんが、カメラひとつひとつが個性(個体差による画像品質の違い)による独特の味わいをもった画像は、幅広いユーザーから指示されています。
その様なトイカメラのメーカーであるHolgaから、iPhone(4、4s)用のケース兼用フィルタ「SLFT-IP4」が発売されたのです。

フィルタ-(レンズ)部分

フィルタ-(レンズ)部分です

キャップを付けた状態

キャップを付けた状態です

SLFT-IP4は、iPhone4とiPhone4s専用のケース兼用フィルタです。フィルタ部分には専用のキャップも同梱されます。パッケージには、英語と中国語の簡単な説明書が付いていますが、仕組み自体が簡単なので、説明書を読まなくてもわかります(2011年11月26日時点では、まだ、日本では発売されていない様ですが、人気のHolga製品ですから、どこかの代理店などが輸入、ローカライズすると思います)。

パッケージの内容

パッケージの内容。ケース兼用フィルタ(本体)の他に、説明書とキャップが付きます

 

気になるフィルタは全部で9種類です。

  1. デュアルイメージレンズ

    デュアルイメージレンズの画像

    デュアルイメージレンズの画像

  2. トリプルイメージレンズ

    トリプルイメージレンズの画像

    トリプルイメージレンズの画像

  3. クアドラプル(4つの)イメージレンズ

    クアドラプル(4つの)イメージレンズの画像

    クアドラプル(4つの)イメージレンズの画像

  4. 60mmマクロレンズ
    60mmマクロレンズの画像

    60mmマクロレンズの画像

    レンズなしだとここまでしか寄れない

    ちなみに、マクロレンズを付けないと、ここまでしか寄る事ができません

  5. レッドフィルター(ハート切り抜き付き)

    レッドフィルター(ハート切り抜き付き)の画像

    レッドフィルター(ハート切り抜き付き)の画像

  6. レッドフィルター

    レッドフィルターの画像

    レッドフィルターの画像です。ハート付きのレッドと違い、ピンクに近いです

  7. グリーンフィルター

    グリーンフィルターの画像

    グリーンフィルターの画像

  8. イエローフィルター(センター穴付き)

    イエローフィルター(センター穴付き)の画像

    イエローフィルター(センター穴付き)の画像

  9. ブルーフィルター(センター穴付き)

    ブルーフィルター(センター穴付き)

    ブルーフィルター(センター穴付き)の画像

  10. そして、空の穴(フィルター?)

    空の穴(フィルター?)の画像

    空の穴(フィルター?)の画像です。四隅にケラレが生じます

 

レンズ自体は、いずれもHolgaらしい、プラスチックのレンズですが、リボルバー式の回転で換えられるフィルターは非常に便利で味わいのあるものです。

ケースはプラスチック製

ケースはプラスチック製で、この様に「パチン」とはめれば、綺麗に装着できます

まず、空のフィルタ(穴)を含めて10個のフィルタ全部で「ケラレ」が生じます。レンズの無い「穴」だけにしても、ケラレが生じます。効果を加味しない通常のカメラとして使おうとしてもケラレが出ますので、このSLFT-IP4を装着する場合は、「このiPhoneは、もうHolgaになったんだ」と割り切る事が必要です(説明書には「気になる様ならズーム機能を使ってケラレ部分を除外してください」と記載してあります)。

iPhoneには、撮影画像をトイカメラ風の画像に加工するアプリが多数ありますので、そのアプリを使えば良いと言う人もいらっしゃると思います。私も、画像編集をしますので、今回の9種類のフィルターはアプリレベルでもできると思います。

ただ、このSLFT-IP4の良いところは、iPhoneの高機能なカメラを強制的にトイカメラにしてしまう事です。トイカメラは、フィルタなどの効果をある程度予測はしても実際には何が撮れるかわからない、しかも撮り直しができないところに「遊び」が有って楽しめます。

iPhoneを含めたデジタルカメラでは、撮り直しも撮った後からの修正も可能ですから、ともすれば何にでも使える「無難」な写真を撮ってしまいがちですが、このSLFT-IP4を装着してしまうと、もうトイカメラの画像でしか撮影できません。シャープで階調豊かな写真ももちろん「あり」ですが、たまには、トイカメラらしい味わいもありだと思います。

iPhoneの楽しみを拡げてくれるケース兼用フィルタ、それがHolgaのSLFT-IP4です。

Black、White、Silver、Red、Blueの全5色で、各色ともに$24.99。
日本への送料は$5.75。
送料を合わせても2500円ほどで個人輸入できます(1週間ほどで到着しました)。

8月 242011
 

先々月19日に、食べた実の種を植えた、我が家の室内栽培クインシーメロン。
1週間前に収穫した1個目のメロンは、家中にいい香りを放ち、特に夜になるほど強く感じられました。

収穫後も食べ頃になるまで我慢していましたが、今朝実を触ってみると底がふわふわしていて、上のへたの方も押すと堅めのマットレスのように少し弾力が感じられたので、ついにカットすることに決めました。

まずはへたをとって...

まずはへたをとって...

 

包丁を当てて...どきどきどきどき...

包丁を当てて...どきどきどきどき...

 

ぱっかーん!

ぱっかーん!

 「ぅおおおおおぉぉ~っ!」

と、歓声をあげると同時に、強烈なメロンの甘い香りに包まれる…というよりも、襲われるような感覚です。いやこれはすごい! 恐るべし完熟メロン!

目にも鮮やかすぎるオレンジ色! 大好きな色です。
切った時にたれた汁をぺろっとなめたところ、

「甘いっ!」

なんでしょうか、まるで人工甘味料のような強烈な甘さに驚きました。

とりあえずラップをして、お昼にいただこうと冷蔵庫でちょいと冷やします。
ああ…楽しみ~!

1/4にカット

1/4にカット

待望のお昼。メロンを1/4にカットして、まずは一口。

自家製クインシーメロンをひとすくい

自家製クインシーメロンをひとすくい

甘いです。
親の実を食べたときと同じように美味しくて、大感動です!

素人でしかも室内栽培なので、形もよくないし、実の偏りなどもあって、とても売り物にはならないものですが、ここまで美味しいメロンができるのですから、嬉しい限りです。

もちろん無農薬ですから安心して食べられるというのはありますが、室内であっても葉にカビのような物が生えたり、なかなか実が付かなかったりと、心配なこともありました。
台風後の冷夏で日がなかなか照らなかったのも悩みの種でした。

それによって、どれだけ農家の方々が苦労して栽培されているのか、想像でしかありませんが、感じることができました。

さすがに孫の種を植えて栽培…ということは避けたいので、また来年、買ってきたメロンの実でぜひチャレンジしたいと思います。

クインシーメロン、ありがとう!
収穫後のメロンの蔓や葉や根、花にも感謝しつつ。

…って、あ、まだマッチョメロンがあるんだわ。