2月 022011
 

夕べ9時から仕込み始めた米パン。今朝7時30分に焼き上がるようにタイマーをセットしたのですが、今朝起きてみたら、膨らんでいませんでした。がぁあぁーん!

GOPANの米パン失敗作。いったんバリの高さまではふくれたんだろうな。

GOPANの米パン失敗作。いったんバリの高さまではふくれたんだろうな。

バリがおせんべいのよう。中はもちもち。
食べられないことはないです。かみしめているとうま味が出ておいしいのですが、ただしパンでも餅でもない、新食感フードです。

原因は、真冬なので夜中に生地が冷えきっちゃったんじゃないのかな。取説にも、「温度の低い環境では、生地が固くなりパンの膨らみが悪くなる」と書かれていました。

さらに、米パン羽の取り付けも甘かったようです。装着後、何度かひねってたしかめたんだけど、できあがりの羽の周りが生地で厚く覆われていました。羽が何らかの原因で少し浮いちゃったんですね。

GOPANの米パン失敗作の底。羽が生地で覆われている。

GOPANの米パン失敗作の底。羽が生地で覆われている。

  One Response to “GOPANの米パン初失敗!”

  1. […] 先日大失敗したゴパンのお米食パン。原因を突き詰めるべくリベンジ。 お米粉砕時の騒音対策についても。 今回ののお米食パン発酵のピーク。今までで最大。 […]