1月 182012
 

りんごの甘露煮をホシノ天然酵母生地で包み、くるみ入りのクランブルをトッピングして焼いたミルクロールパンです。

くるみクランブルのアップルロールパン

くるみクランブルのアップルロールパン

クランブルを作るのは初めてだったんですが、フードプロセッサーを使うと一瞬でできちゃうんですね。いや、粉砕のときにふたの隙間から粉がバフッと飛び散ってえらい目にあいました。

生地にはバニラ味のプロテインも入れたので、アップルカスタードみたいです

生地にはバニラ味のプロテインも入れたので、アップルカスタードみたいです

クランブルはクルミ入りなのでサクサク香ばしいですが、予想通り食べるときにボロボロと散らばりました。

 

くるみクランブルのホシノ天然酵母アップルロールパン

 

<材料>6個分

クランブル

  • 生くるみ…30g
  • 薄力粉…30
  • きび糖…20g
  • 無塩バター…30g
  • 塩…ひとつまみ

 

りんごの甘露煮

  • りんご(可食部)…240g
  • きび糖…72g(りんごの30%)
  • 塩…ひとつまみ
  • レモン汁…小さじ1

 

パン生地

  • 強力粉…160g
  • きび糖…13g
  • トレハロース…3g
  • プロテイン…10g
  • 塩…1.3g
  • 牛乳…100ml
  • こね調整用の浄水…40ml
  • ホシノ天然酵母生種…12g
  • 無塩バター…10g

 

<作り方>

  1. クランブルを作ります。生くるみを150度で15分ローストして冷まします。
  2. フードプロセッサーでクランブルのすべての材料を入れてそぼろ状にします。
  3. ポリ袋に入れて冷蔵庫で寝かせます。
  4. りんごの甘露煮を作ります。銀杏切にしたりんごを鍋に入れ、砂糖を全量振りかけながら入れ、落としぶたをして中火で水分がひたひたになるまで煮込みます。
  5. 塩とレモン汁を加えて火を止め、落としぶたをしたまま冷まし、味がしみたらザルにあげて汁気を一晩かけて切っておきます。
  6. パン生地を作ります。大ボウルに粉類を入れて泡立て器でよく混ぜます。
  7. ホシノ天然酵母生種を加え、温めの牛乳を注いでこねます。
  8. ある程度まとまったら、無塩バターを加えて手で握りつぶすような感じで混ぜ、よくこねます。
  9. 生地を丸めてボウルに戻し、ラップをして室温(19度くらい)で8~9時間一次発酵。
  10. 2倍にふくれたらガス抜きをして取り出します。
  11. 6等分してボウルをかぶせて20分ベンチタイム。
  12. 生地を丸くのばしてりんごの甘露煮を4片ずつ乗せて包み、丸めてシリコン型に入れます。麺棒の先に粉を付けて、生地の中央をぐっと押しつけます。
  13. オーブンの発酵モード(40度)で90分二次発酵。
  14. 1.5~2倍にふくれたら、表面にたっぷり卵を塗り、クランブルを散らして180度で20分焼きます。

 

シリコン型は重宝しています

シリコン型は重宝しています

一晩かけて一次発酵させるのですが、寒いので膨らみが遅いです。
なので最近は、生地のボウルを夜中寝ているときはこたつを切った余熱で、朝起きたら布団の間に入れて保温しています。

 

  One Response to “くるみクランブルのアップルロールパン”

  1. […] クッキーは、先日作ったクランブル生地の残りに卵を加えて練り直して作り型抜きをして焼きました。 […]