型離れしやすい抹茶のマドレーヌ

 iPhone, Lightroom CC, Photo editing, お菓子, デバイス, ヘルシーシェフMRO-NY3000, メディア, 写真, 料理  型離れしやすい抹茶のマドレーヌ はコメントを受け付けていません。
5月 272017
 

抹茶たっぷりのマドレーヌ。型離れしやすい方法で焼くので、焼き上がりすぐにスルッと気持ちいい!

型離れしやすい抹茶のマドレーヌ

型離れしやすい抹茶のマドレーヌ

<材料>9個分

  • 無塩バター…50g
  • 薄力粉…50g
  • ベーキングパウダー…小さじ1/4
  • 塩…ほんのひとつまみ
  • 抹茶…3g
  • 卵…1個(58g)
  • グラニュー糖…50g

<作り方>

  1. バターを湯煎にかけて溶かします。
  2. 薄力粉、ベーキングパウダー、塩をふるいに2〜3回かけてボウルに入れます。
  3. 茶こしで抹茶を加えて、泡立て器で全体をフワッと混ぜ合わせておきます。
  4. 中ボウルに卵とグラニュー糖を入れて、湯煎で白くとろりとなるまで泡立てます。
  5. 粉類を加えてヘラで粉気が無くなるまでサクッと混ぜます。
  6. 溶かしバターの上澄みを回し入れて、ヘラで全体になじませます。溶かしバターの底の白濁はできるだけ残します。
  7. ボウルにラップをかけて冷蔵庫で1時間休ませます。
  8. 焼き型にオイルスプレーを20センチ離したところからまんべんなく吹き付けて、冷蔵庫で冷やしておきます。オイルは垂れない程度にたっぷりかけます。
  9. 型に大さじ1弱ずつ生地を流し込み、底をたたいて気泡を出します。
  10. 180度に余熱したオーブンで10分焼きます。高温で長く焼くと型にくっついて離れにくくなります。
  11. オーブンから取り出し、爪楊枝の先でマドレーヌを取り出して網で冷まし増す。

型にはオイルスプレーをたっぷりと。粉をはたくとくっつくことがわかりました。

焼くときは低温でできるだけ短時間で。長く焼くとパサパサになり型にくっつきやすくなります。

7月 012015
 

ホタテのマドレーヌ型で、焦がしバターのフィナンシェを作りました。とてもこんがり焼けました。

焦がしバターのフィナンシェ

焦がしバターのフィナンシェ

市販のように油ギトギト感はなく、さっくりととても軽い口当たり。焦がしバターがいつもの焼き菓子とは違う趣があっておもしろい味です。

<材料>ホタテ型9個分

  • 卵白…70g
  • グラニュー糖…50g
  • アーモンドプードル…20g
  • 薄力粉…30g
  • 無塩バター…50g

<作り方>

  1. アーモンドプードルと薄力粉をボウルに入れて泡立て器でふんわり混ぜておきます。
  2. 卵白を泡立て器でとろりとなるまで混ぜ、グラニュー糖を加えてなめらかになるまで混ぜます。
  3. 大きなボウルに水をたっぷり張っておきます。バターを鍋に入れて中火にかけ、泡立て器で混ぜながら茶色くなってきたら火から下ろし、水を張ったボウルに底をつけてあら熱をとります。
  4. 茶こしで焦がしバターをこして耐熱容器に注ぎます。
  5. 卵白のボウルに粉類をバサッといれて、泡立て器でさっくり混ぜます。
  6. 焦がしバターを加えて泡立て器でサッと混ぜ合わせ、ラップをして冷蔵庫で1時間休ませます。
  7. ホタテ型にオイルスプレーをかけて粉を振り、余分な粉をはたいて、冷蔵庫で冷やします。
  8. オーブンを210度に予熱します。
  9. 型に大さじ1ずつ生地をすくい入れ、底を軽くたたいて気泡を出します。
  10. 210度で13分焼き、型を取り出し、あら熱が取れてから爪楊枝で取り出し、網で冷まします。
  11. 型はある程度冷めてから洗います。