レアチーズとラズベリーのドームゼリー

 α7, お菓子, カメラ, クリーム, ジャム, チーズケーキ, プリン, 和菓子, 料理  レアチーズとラズベリーのドームゼリー はコメントを受け付けていません
8月 212020
 
レアチーズケーキをラズベリーゼリーとクリアーなゼリーに閉じ込めました

レアチーズの水まんじゅうのビジュアルが目に焼き付いて、食べてみたいので作ってみることに。

和洋折衷の味が興味深くて、はじめは水まんじゅうの素で作りましたが、ドームが白濁して中のレアチーズケーキが見えないし、しかも味は…うーん。ぷにぷにした水まんじゅうとレアチーズケーキはわたし的には分けて食べたいと思いました。

水まんじゅうの素で作ったバージョン。中のレアチーズが見えないし、味と食感のバランスもいまいち。

そこで今回は水信玄餅風に、アガーでドームを作ってみました。クリアなドーム状のゼリーの中のレアチーズケーキが、レンズのように浮かび上がっておもしろい! 
ベースのラズベリーゼリーの酸味がとてもマッチしていていて、後味もスッキリ! 食後のデザートにピッタリでした。これはまた作りたいです。

スプーンを入れて口に入れるまでのドキドキ感!

レアチーズケーキ生地の量はちょこっとなので、絞り袋が無くてもラップで代用できます。

<材料> 2人分(1個100mlの丸製氷器2個分)

  • ミネラルウォーター 180ml
  • アガー 6g
  • グラニュー糖 15g

レアチーズケーキ 

  • クリームチーズ(フィラデルフィア) 30g
  • グラニュー糖 5g
  • 生クリーム(乳脂肪45%) 20g
  • ラズベリージャム 10g

<作り方>

  1. レアチーズケーキ生地を作ります。クリームチーズを中ボウルに入れて室温に戻し、シリコンヘラでクリーム状に練ります。グラニュー糖を加えて混ぜ、生クリームを加えて泡立て器で混ぜ、八分立てにします。
  2. ラップで絞り袋を作ります。大きくカットしたラップの左上にレアチーズケーキ生地をまとめてのせて、生地のすぐ右下に口金の先が右下に向くように置き、ラップを下から2つに折って生地と口金を覆い重ねます。口金の先を指で押さえて支点にして、左側を右方向に転がして円錐状にくるくると巻いて、ラップの上を閉じます。口金の先のラップをハサミでキレイにカットします。
  3. 生地が緩く垂れるようであれば、そのまま冷蔵庫に1時間ほど冷やします。
  4. バットにオーブンシートを5センチ角にカットしてのせて、そこにクリームを盛り上げるように絞り出し、バットごと冷凍庫で1時間ほど冷やし固めます。
  5. ゼリーを作ります。製氷型を水でゆすいでおきます。
  6. アガーとグラニュー糖を器に入れて、泡立て器で混ぜ合わせておきます。
  7. 鍋に水を注ぎ、アガーとグラニュー糖を振り入れて泡立て器でダマにならないように混ぜます。
  8. 中火にかけながら、たえずヘラで混ぜ、沸々と沸騰し始めたところで火からおろします。
  9. 鍋底を冷水で冷やしながらヘラで混ぜて、あら熱が取れてとろみが出る前に手早く器の半分まで注ぎます。
  10. 冷やし固めたレアチーズケーキ生地を逆さまにゼリーに差し込みます。底だけが見えるように押し込み、製氷器にラップをかけて冷蔵庫で1時間冷やし固めます。
  11. 鍋に残っているゼリーにラズベリージャムを加えて中火にかけて、ヘラで混ぜて溶かします。
  12. 鍋底を冷水で冷やしながら混ぜてあら熱を取り、器に注ぎ、冷蔵庫で1時間以上冷やし固めます。
  13. 皿にひっくり返して取り出します。

ミネラルウォーターの水信玄餅

 Lightroom CC, MacBook Pro, Photo editing, α6000, お菓子, カメラ, デバイス, メディア, 写真, 和菓子  ミネラルウォーターの水信玄餅 はコメントを受け付けていません
8月 162016
 

ミネラルウォーターなので口当たりまろやか。ほぼ水を食べているようなものなのに、ひっくり返りそうなくらい感動しました!

ミネラルウォーターの水信玄餅

ミネラルウォーターの水信玄餅

ミネラルウォーターの水信玄餅

ミネラルウォーターの水信玄餅

<材料>100ml丸氷メーカー2個分

  • ミネラルウォーター…200ml
  • アガー…6.4g
  • 黒糖…50g
  • 水…30ml
  • きな粉…お好みで

<作り方>

  1. 冷えたミネラルウォーター50mlを小鍋に入れて、アガーを水面にサラサラ重ならないように振り入れます。
  2. 泡立て器で泡立てないように混ぜてアガーを溶かします。
  3. 残りのミネラルウォーターを加えて混ぜ、中火にかけます。
  4. ヘラに持ち替えて、絶えずゆっくりまぜながら、鍋底から沸々泡が立ってきたところで弱火にして1分かき混ぜます。
  5. 火から降ろして氷水に鍋底をつけながら1分ほど混ぜ、粗熱がとれたら取り出します。
  6. 製氷器の八分目まで液を注ぎ、フタをして冷蔵庫で2時間程冷やし固めます。
    DSC00300
  7. 小鍋に黒糖と水を入れて火にかけて煮溶かし、瓶などに入れて冷やしておきます。
  8. 皿に盛り、きな粉と黒蜜をかけていただきます。

DSC00271-Edit