7月 192014
 

今年の2月に仕込んだ味噌ができあがりました(^o^)

おいしい手抜き味噌できあがりました!

おいしい手抜き味噌できあがりました!

今回は途中で天地返しもしなかったという手抜きにもかかわらず、いい香りと共に甘くておいしくなってくれるなんて、塩、糀、大豆って偉いなぁ。
ジップロックに3等分して2袋は冷凍庫で保存します。

<材料>

  • 大豆…300g
  • 塩…120g
  • 糀…300g
  • 水…500ml
  • 重石用の塩…300g

<作り方>

  1. 大豆を一晩水につけておきます。
  2. 塩と糀を大ボウルに入れて良くすり混ぜます。
  3. 大豆を圧力鍋でゆでます。
  4. ゆで汁を少し取り分けておき、鍋の中でブレンダーで粉砕します。
  5. 60度以下に冷めてから、大ボウルに大豆を入れてよく混ぜます。取り分けたゆで汁でかたさを調整します。
  6. 消毒した容器に丸めた種を投げ込んで詰めていきます。
  7. 消毒したラップをかけて空気を抜き、袋詰めした重石用の塩を重ね、さらに重石をのせて、ポリ袋で封をします。
  8. 容器の蓋をして涼しいところに5ヶ月間置いておきます。
  9. いい香りを放ってきたら、ジップロックに分けて冷凍しておきます。必要な分だけ冷蔵庫に移して使います。
1月 302013
 

初めて塩麹パンに挑戦。塩麹の量は控えめにしましたが、パンの味がいつもより濃い!

塩麹桜あんパン

塩麹桜あんパン

塩麹くささや塩辛さはなく、うまみが残ってさらに桜あんの甘さが強調されている感じです。それにしても、塩麹入りでもちゃんと発酵するんだなぁということにオドロキです。

<材料>6個分

  • 強力粉(春よ恋)…160g
  • きび糖…15g
  • 自家製塩麹…15g
  • ぬるま湯…80ml
  • あこ有機培養酵母生種…12g
  • 無塩バター…10g
  • 桜あん…180g

<作り方>

  1. 桜あん(今回は市販のものを使用)を30gずつ丸めておきます。
  2. 大ボウルに粉類を入れて泡立て器でよく混ぜます。
  3. あこ有機培養酵母生種を加えます。離れた場所に塩麹を加えます。
  4. ぬるま湯を注いでこねます。
  5. ある程度まとまったら、無塩バターを加えて、手で握りつぶすような感じで混ぜ、よくこねます。
  6. ボウルにラップをして室温(19度くらい)で9時間一次発酵。
  7. パン生地が2倍にふくれたらガス抜きをして取り出します。
  8. 生地を6等分にして、丸めて15分ベンチタイム。
  9. 生地を平たく丸く伸ばして、桜あんをのせて包みます。
  10. オーブンの発酵モード(40度)で90分二次発酵。
  11. 1.5~2倍にふくれたら、オーブンを200度で予熱し、粉を振って180度で20分焼きます。

 

3月 092012
 

こちらのレシピを参考に、だし醤油作りから醤油麹に初挑戦してみました。

 

醤油こうじ仕込み直後

醤油こうじ仕込み直後

まだ今日は仕込みから2日目なので、味がなじんでいない状態です。1~2週間で食べ頃になるそう。
それまでに食べ尽くさないようにがまんしようっと。

しょうゆ麹の表面

しょうゆ麹の表面

 

ところでだし醤油って?知らなかったので、作ってみることにしました。

 

材料>だし醤油(150ml)

      • しょうゆ…90ml
      • みりん…30ml
      • 酒…30ml
      • 削り節…1袋

 

作り方

  1. 鍋に酒とみりんを一煮立ちさせてアルコールを飛ばします。
  2. しょうゆと削り節を加えて沸騰する前に茶こしで漉します。

冷めたら同量のぬるま湯でふやかしておいた麹の瓶に注いでふたをして、マスキングテープに日付を書いて貼っておきます。一晩おいたら冷蔵庫へ。

ここまでぼけなくても…ってくらいみごとにぼけました。

単焦点レンズSEL50F18(E 50mm F1.8 0ss )で撮影

単焦点レンズSEL50F18(E 50mm F1.8 oss )で撮影