5月 122014
 

3月24日月曜日。
この日は午後からにもかかわらず、グラーツをあちこち歩きました。
カフェ・ザッハーをでてから、本日2度目のシュロスベルクの時計台まで登りました。夕方6時を過ぎました。

時計台の針は午後6時を指しています。

時計台の針は午後6時を指しています。

そろそろ日没です。

山の向こうに日が沈みます。

山の向こうに日が沈みます。

日没直後の様子です。

まだ少し明るさが残っています。

まだ少し明るさが残っています。

徐々にあたりが暗くなり、街の灯りの方が目立ってきました。

A1のビルの窓明かりが目を引きます。

A1のビルの窓明かりが目を引きます。

Mariahilferkirche。ライトアップされています。

Mariahilferkirche

Mariahilferkirche

街の灯りは、思っていたよりも地味です。都会のネオンやギラギラした照明はありません。

落ち着いた光でライトアップされた夜景。

落ち着いた光でライトアップされた夜景。

市庁舎のあるハウプト広場だけはとても明るいです。

市庁舎とハウプト広場。

市庁舎とハウプト広場。

クンストハウスのイルミネーションがユニークです。

クンストハウスのイルミネーション。

クンストハウスのイルミネーション。

時計台もライトアップされています。

ライトアップされた時計。

ライトアップされた時計。

夜7時のグラーツの鐘の音です。

気温は少し肌寒く、風も冷たく感じました。

暗くなるほどに、街灯りが鮮やかに魅力的に。空が真っ暗になる前に、城山を後にしました。

昼間も通ったザック通り。建物のライトアップもとてもステキ。

ザック通り。

ザック通り。

昼間に寄ったデパートK&Oの閉店後。

K&O

K&O

ハウプト広場の人もかなり少なくなりました。

ハウプト広場。

ハウプト広場。

花屋さんのウィンドウ。

花屋さんのウィンドウ。

閉店後の手芸屋さん。

閉店後の手芸屋さん。

グラーツ中央駅に戻って来ました。

グラーツ中央駅。

グラーツ中央駅。

グラーツ中央駅前。

グラーツ中央駅前。

ホテル・ダニエルに帰ってきました。ホッとします。

ホテル・ダニエル

ホテル・ダニエル

本当にグラーツ市内を良く歩き、満喫した1日でした。

3月 122014
 

世界遺産の夜の街。 月が明るいのに、すぐそばの星も明るく光っているのを見て感激。 …なんですけどやはりぶれてます。

11月 092013
 

東京ゲートブリッジに行ってきました。

ああ…NYのDumboの夜景を思い出します〜(T^T)

東京ゲートブリッジ

東京ゲートブリッジ

この橋は徒歩OKです。とはいえむこうがわに降りることはできないので、同じ道を折り返すことになります。
眺めはすばらしいです。若洲側から見ると、左手に東京湾とゲートブリッジ、右側には東京の摩天楼が望めます。
ゲートブリッジは毎時0分に、橋のラインカラーが変わるのですが、ちょーっと地味かなぁ。
今日は風もなく穏やかで、日が落ちたあとも観光客がおとずれていました。

ゲートブリッジのライトアップされている部分は、この角度からだと二頭の馬が向かい合っているようにも見えるので、年賀状のモチーフにしたらおもしろいかも。戌年でも使えそう(笑)

3月 202013
 

New York旅行記の4日目。待ち望んでいた快晴!撮影日和! 早朝のユニオンスクエアのマーケットから、ハイラインを経て、今回の旅の最大ミッションに臨みます!
最後の方でバックグラウンドに流れるサイレンは、撮影中の録音です(効果音ではありません…)

2月 262013
 

ブルックリンの下方(Down Under the Manhattan Bridge Overpass)、通称「ダンボ」。4か5の地下鉄で向かい、降りた駅から東へ5分ほど歩くとの河岸の公園に突き当たり、そこからブルックリンブリッジへ北上する途中から撮影した、ロウアーマンハッタンの夜景です。

ダンボからの夜景

ダンボからの夜景

ここも少し前までは安全ではなかった地域でしたが、今では高級住宅街にになっているほど、名所にもかかわらず、日の入り時は人がいたものの、暮れるとまばらになり…やはり怖い。
風がないとは言え、やはり寒くて、手袋をしていたのでカメラのリモコンが滑って、下の道路に落としてしまいました…。あきらめるしかありません。

長居しないで安全に帰りました。