りんごのアップサイドダウン

 RX100M6, お菓子, カメラ, キッチンエイド, ヘルシーシェフMRO-NY3000, 料理  りんごのアップサイドダウン はコメントを受け付けていません
1月 232020
 

いただいたりんごで、定番のアップサイドダウンケーキをつくりました。今回はカラメル無しで、りんごをコンポートにして焼きました。りんごは一個で、ケーキはいつものように。これでも十分いけるけど、りんごは重ねないと隙間空いちゃいます。

12月 102015
 

紅玉のアップサイドダウンケーキをバージョンアップ。砂糖を控えめにしてオイルもクルミオイルに変更。

リンゴのアップサイドダウンケーキ

リンゴのアップサイドダウンケーキ

<材料>取っ手のとれる直径16センチ鍋

  • りんご…紅玉2個

キャラメルソース

  • グラニュー糖…65g
  • 水…大さじ1
  • 無塩バター…1g

ケーキ生地

  • 無塩バター…40g
  • クルミオイル…10g
  • 卵…90g
  • きび糖…50g
  • 薄力粉…50g
  • アーモンドプードル…10g
  • ベーキングパウダー…小さじ1/2
  • シナモン…小さじ1/2
  • ナツメグ…3振り
  • 塩…ひとつまみ
  • ラム酒(ダーク)…大さじ1

<作り方>

  1. りんごを4つ割にして0.8センチ幅に切り、大皿にならべて500Wで8分ほど加熱してしんなりさせます。
  2. 取っ手の取れる鍋(テフロン加工されていると良)にグラニュー糖と水を入れて火にかけ、キャラメルソースを作ります。適度に焦げてきたところでバターを加えて火からおろし、シンクに水をたっぷり張ったフライパンに鍋底をつけて急冷します。
  3. 1のしんなりさせたりんごを中央においてから周りに重ねていきます。
  4. バターとクルミオイルを小鍋に入れて、湯煎で溶かしておきます。
  5. 粉類をボウルに入れて泡立て器でふんわり混ぜておきます。
  6. 中ボウルに卵ときび糖を入れて、ボウルを湯煎にかけながら高速で泡立てて、とろりとさせます。ラム酒も加えておきます。
  7. オーブンを200度に予熱開始します。
  8. 6に5の粉類をバサッと入れて、ヘラで切るように混ぜ合わせ、さらに4の溶かしバターを回し入れてサッと混ぜあわせます。
  9. 3の鍋の周りから生地を流し入れ、鍋底を軽くトントンたたいて大きな気泡を取り、オーブンに鍋ごと入れて、200度で30分焼きます。
  10. 鍋を取り出し、あら熱が取れてきたところから鍋ぶたをして、しっかりと冷めてから鍋底をサッと火にかけて、ワックスペーパーと取り皿でふたをして鍋をひっくりかえして、静かに鍋を持ち上げて取り出します。
  11. ふたをして冷蔵庫で一晩冷やしてからいただきます。
12月 012015
 

マイブームのアップサイドダウンケーキ。今回は青森県産の紅玉で作りました。

シナモンが残り少なかったので、控えめに。
グラニュー糖の焦がしも、少し控え得目にしたので型離れもよく、焼き上がりもつやっつやだったので、仕上げのナパージュは省きました。

写真は焼き上がり2日目なので、シロップが生地にいい具合にしみっしみ。

紅玉のアップサイドダウンケーキ

紅玉のアップサイドダウンケーキ

<材料>取っ手のとれる直径16センチ鍋

  • りんご…紅玉2個

キャラメルソース

  • グラニュー糖…70g
  • 水…20ml

ケーキ生地

  • 無塩バター…40g
  • ココナッツオイル…10g
  • 卵…90g
  • きび糖…60g
  • 薄力粉…50g
  • アーモンドプードル…10g
  • ベーキングパウダー…小さじ1
  • シナモン…小さじ1
  • ナツメグ…3振り
  • 塩…ひとつまみ
  • ラム酒(ダーク)…大さじ1

<作り方>

  1. りんごを4つ割にして0.8センチ幅に切り、大皿にならべて500Wで8分ほど加熱してしんなりさせます。
  2. 取っ手の取れる鍋(テフロン加工されていると良)にグラニュー糖と水を入れて火にかけ、キャラメルソースを作ります。適度に焦げてきたところで、シンクに水をたっぷり張ったフライパンに鍋底をつけて急冷します。
  3. 1のしんなりさせたりんごを中央においてから周りに重ねていきます。
  4. バターとココナッツオイルを小鍋に入れて、湯煎で溶かしておきます。
  5. 粉類をボウルに入れて泡立て器でふんわり混ぜておきます。
  6. 中ボウルに卵ときび糖を入れて、ボウルを湯煎にかけながら高速で泡立てて、とろりとさせます。ラム酒も加えておきます。
  7. オーブンを200度に予熱開始します。
  8. 6に5の粉類をバサッと入れて、ヘラで切るように混ぜ合わせ、さらに4の溶かしバターを回し入れてサッと混ぜあわせます。
  9. 3の鍋の周りから生地を流し入れ、鍋底を軽くトントンたたいて大きな気泡を取り、オーブンに鍋ごと入れて、200度で30分焼きます。
  10. 鍋を取り出し、あら熱が取れてきたところから鍋ぶたをして、しっかりと冷めてから鍋底をサッと火にかけて、ワックスペーパーと取り皿でふたをして鍋をひっくりかえして、静かに鍋を持ち上げて取り出します。
  11. ふたをして冷蔵庫で一晩冷やしてからいただきます。
11月 272015
 

取っ手のとれるティファール鍋で作るケーキ第二弾。といっても前回の直径18センチ鍋で作ったアップサイドダウンケーキを、16センチ鍋用にアレンジして、いただいた大リンゴ1個で作ってみました。

鍋ひとつで作るタルトタタン

鍋ひとつで作るタルトタタン

鍋ひとつで作るタルトタタン

鍋ひとつで作るタルトタタン

カラメル作りから、ケーキの焼き上げまで、この鍋1つでできてしまうところがとっても簡単。

また作りたいがために、この16センチのインジニオ・ネオ鍋を買ってしまったくらいですから。

<材料>取っ手のとれる直径16センチ鍋

  • りんご…大1個

キャラメルソース

  • グラニュー糖…70g
  • 水…20ml

ケーキ生地

  • 無塩バター…40g
  • ココナッツオイル…10g
  • 卵…90g
  • きび糖…65g
  • 薄力粉…48g
  • アーモンドプードル…8g
  • シナモン…大さじ1
  • ナツメグ…少々
  • 塩…ひとつまみ
  • ラム酒(ダーク)…大さじ1

仕上げのテリ用

  • ナパージュ…25g
  • ナバージュ用の水…25ml
  • グラニュー糖…3g
  • ラム酒(ホワイト)…小さじ1/2

<作り方>

  1. りんごを4つ割にして1センチ幅に切り、大皿にならべて500Wで8分ほど加熱してしんなりさせます。
  2. 取っ手の取れる鍋(テフロン加工されていると良)にグラニュー糖と水を入れて火にかけ、キャラメルソースを作ります。適度に焦げてきたところで、シンクに水をたっぷり張ったフライパンに鍋底をつけて急冷します。
  3. 1のしんなりさせたりんごを中央においてから周りに重ねていきます。

    カラメルの上にしんなりさせたリンゴを並べたところ。

    カラメルの上にしんなりさせたリンゴを並べたところ。

  4. バターとココナッツオイルを小鍋に入れて、湯煎で溶かしておきます。
  5. 粉類をボウルに入れて泡立て器でふんわり混ぜておきます。
  6. 中ボウルに卵ときび糖を入れて、ボウルを湯煎にかけながら高速で泡立てて、とろりとさせます。ラム酒も加えておきます。
  7. オーブンを200度に予熱開始します。
  8. 6に5の粉類をバサッと入れて、ヘラで切るように混ぜ合わせ、さらに4の溶かしバターを回し入れてサッと混ぜあわせます。
  9. 3の鍋の周りから生地を流し入れ、鍋底を軽くトントンたたいて大きな気泡を取り、オーブンに鍋ごと入れて、200度で35分焼きます。
  10. 鍋を取り出し、あら熱が取れてきたところから鍋ぶたをして、しっかりと冷めてから鍋底をサッと火にかけて、ワックスペーパーと取り皿でふたをして鍋をひっくりかえして、静かに鍋を持ち上げて取り出します。
  11. 小鍋に水とラム酒を入れ、ナパージュとグラニュー糖を振り入れて火にかけて溶かし、1分おいてからケーキの表面に流します。
  12. ふたをして冷蔵庫で一晩冷やしてからいただきます。
12月 222012
 

丸い底が抜けないケーキ型を持っていないので、パウンドケーキの型でタルトタタンを作ってみました。
これなら朝から手軽にりんごがたっぷりいただけます。

パウンド型タルトタタン。一切れでりんご半個分ぺろりです。

パウンド型タルトタタン。一切れでりんご半個分ぺろりです。

材料>20×10×6センチパウンド型

金属型を使います。シリコーンのパウンド型では焦げ目がつかず、香ばしさに欠けます。

  • 薄力粉…80g
    きび糖…大さじ2
    塩…小さじ1/4
  • 無塩マーガリン…40g
  • 溶き卵…1/4個分
    牛乳…大さじ1 と1/2
  • りんご(ふじ)…2個
    無塩バター…20g
    ブラウンシュガー…35g
    レモン汁…1/3個分(大さじ1~2)
  • グラハムクラッカー…2枚

作り方

タルト生地を作る。
粉類をフードプロセッサーに。4つに切った無塩マーガリンを離して粉の上に置き、米半分ほどの粒になるまで数回攪拌。
卵と牛乳を回し入れて、豆粒大にまとまるまで数回攪拌。
ポリ袋に入れて手で丸め、アバウトに長方形にまとめて冷蔵庫で休ませる。

りんごをキャラメリゼする。
りんごの皮をむき芯をとり、1個を4つ割に。もう1個は10分割する。

フライパンに無塩バターを溶かし、りんごをきつね色になるまで炒める。
レモン汁を加え、水分を飛ばしながらじっくり炒める。
ブラウンシュガーを加えて、キャラメルソースになるまでりんごを香ばしく炒め、あら熱を取る。

冷蔵庫で冷やしておいたタルト生地を取り出し、まな板に十分打ち粉をしながら、パウンド型に合わせた長方形に形成。まな板ごと冷蔵庫に。

型に薄く油分を塗り、4つ割したりんごをひっくり返して横に並べる。
りんごとりんごの間を埋めるように残りのりんごを差し込んでいく。

パウンド型にりんごを並べるイメージ

パウンド型にりんごを並べるイメージ

フライパンに残っている煮汁をさらに煮詰めてから、りんごの上に流し入れる。

グラハムクラッカーを砕き、りんごの上に蒔く。水分を吸収させるため。

冷やしておいたタルト生地を取り出し、りんごの上に重ねて軽く手で押さえ、パイ生地に穴を開ける。

220度のオーブンで20分焼き、型のまま完全に冷ます(一晩)。

型ごと軽くガスレンジであぶり、型離れを促進。
ワックスペーパーを敷いた型に皿(またはまな板)をかぶせて、そのままひっくり返して型から取り出す。