4月 182016
 

自家製カスピ海ヨーグルトを水切りして作ったチーズで、スフレチーズケーキを作りました。

水切りヨーグルトのスフレチーズケーキ

水切りヨーグルトのスフレチーズケーキ

<材料>7センチセルクル4個分

コーヒータルト台

  • 無塩バター…20g
  • ココナッツオイル…8g
  • グラニュー糖…18g
  • 薄力粉…40g
  • アーモンドプードル…4g
  • 塩…ひとつまみ
  • 卵…5g
  • 顆粒のインスタントコーヒー…小さじ1/2
  • コーヒーを溶かす湯…小さじ1

チーズケーキ生地

  • ヨーグルトの水切り…160g
  • グラニュー糖…30g
  • 塩…ひとつまみ
  • 卵…45g
  • 泡立て用のグラニュー糖…6g
  • コーンスターチ…12g
  • バニラエッセンス…数滴
  • オレンジキュラソー…小さじ1

<作り方>

  1. カスピ海ヨーグルト500gを7人用のコーヒードリッパーで一晩かけて冷蔵庫で水切りをします。
  2. コーヒータルト地を作ります。コーヒーを湯で溶き、粉類を小ボウルに入れて泡立て器でふんわり混ぜ合わせます。
  3. バターとマーガリンを泡立て器でなめらかにして、卵と塩を加えて混ぜます。さらに湯で溶いたコーヒーも加えて混ぜます。
  4. 粉類を3にザッと加えてヘラで切るようにまぜたら、ラップでまとめて冷蔵庫で休ませます。
  5. 台に取り出して打ち粉をしてオーブンペーパーではさんでクッキールーラで4〜5ミリに伸ばし、セルクルで円形にくりぬいて、天板に並べます。
  6. 爪楊枝の頭の部分でクッキー地に均等に穴を開け、180度に予熱したオーブンで15分焼きます。

    コーヒータルト

    コーヒータルト

  7. セルクルの内側にオイルを塗りポリ袋に入れて冷蔵庫で冷やし、粉を入れて振っておきます。
  8. チーズケーキ生地を作ります。水切りヨーグルトを泡立て器で柔らかく練り、グラニュー糖を加えてなめらかになるまでよく混ぜます。
  9. バニラエッセンス、とオレンジキュラソーを加えて、その都度よく混ぜます。
  10. 卵を湯煎にかけながら砂糖を加えた卵を泡立て、生地に加えてサッと混ぜます。
  11. コーンスターチを茶こしでふるいながら薄力粉を加えたら、ヘラで切るようにさっくりと混ぜます。
  12. オーブンを180度に余熱し、その間にバットにオーブンシートを乗せてタルトを並べ、タルトの上に打ち粉をしたセルクルをのせ、生地を流し入れます。

    蒸し焼きする前

    蒸し焼きする前

  13. 天板に熱湯を1リットル注ぎます。180で30分、途中で温度は下げずに一気に焼きます。
  14. オーブンから取り出し、冷ましてからセルクルを外し、冷蔵庫で一晩寝かします。

セルクルの場合は、冷蔵庫で冷やしてからだと外しづらいので、冷やす前に外します。

4月 142016
 

数ヶ月ぶりにパンを捏ねました。豆腐を入れたふわもちあんパン。日本ならではの味と食感ですね。

ふわもち豆腐あんパン

ふわもち豆腐あんパン

<材料>

  • 強力粉…165g
  • 木綿豆腐…106g(水切りをして96g)
  • きび糖…20g
  • 塩…3.5g
  • イースト(サフ金)…2g
  • 牛乳…70ml
  • 無塩バター…10g

<作り方>

  1. 豆腐を分量ペーパータオルにくるんで水気を切っておきます。
  2. 大ボウルに粉類を入れて、泡立て器でふんわり混ぜておきます。
  3. 大ボウルに豆腐を入れて、牛乳を10秒ほどレンジにかけて注ぎながら捏ねます。
  4. ある程度まとまってきところでバターを加えて10分ほど捏ねます。
  5. 丸めてラップをかけて室温で1〜2時間一次発酵。
  6. 生地を5等分して丸めて15分ベンチタイム。
  7. 生地を丸くのばして、5等分して丸めて置いたあんこを包んで閉じます。
  8. 3分のスチームショットを含めて1時間2次発酵。
  9. オーブンを200度に余熱して、生地に粉を振り、クープを入れます。
  10. 3分のスチームショットを含めて、200〜160度で15分焼きます。

コーヒータルトのチーズケーキ

 Lightroom CC, MacBook Pro, Photo editing, α6000, お菓子, カメラ, クッキー, デバイス, ヘルシーシェフMRO-NY3000, メディア, 写真, 料理  コーヒータルトのチーズケーキ はコメントを受け付けていません。
2月 012016
 

チーズケーキにコーヒー味のタルトが合う合う!

DSC07113

コーヒータルトのチーズケーキ

コーヒータルトのチーズケーキ

image

いつもよりも少なめの分量でつくりました。

<材料>直径15センチ型

コーヒータルト生地

  • 薄力粉…30g
  • アーモンドプードル…3g
  • グラニュー糖…13g
  • 塩…ひとつまみ
  • 無塩バター…15g
  • 無塩マーガリン…6g
  • 卵…5g
  • インスタントコーヒー…小さじ1/2
  • コーヒーを溶く湯…小さじ1/2

チーズケーキ生地

  • クリームチーズ…130g
  • グラニュー糖…23g
  • 塩…ひとつまみ
  • サワークリーム…110ml
  • バニラエッセンス…数滴
  • 薄力粉…18g
  • 卵…80g
  • 卵泡立て用のグラニュー糖…20g
  • コアントロー…小さじ1

<作り方>

  1. サワークリームを作ります。低脂肪の生クリーム200gの容器に直接カスピ海ヨーグルト20gを加えて振り混ぜて、室温で12時間ほどおき、固まっていたら冷蔵庫で保存しておきます。
  2. コーヒータルト地を作ります。粉類を小ボウルに入れて泡立て器でふんわり混ぜ合わせます。
  3. バターとマーガリンを泡立て器でなめらかにして、卵と塩を加えて混ぜます。
  4. 粉類を3にザッと加えてヘラで切るようにまぜたら、台にオーブンシートを敷いた上にまとめて、さらにオーブンシートを重ねます。
  5. ケーキ型の底をオーブンシートの上に当てて押しながら生地を平らに丸くのばし、シフォンケーキナイフの先で底の円形に沿ってくぼみをつけておきます。
  6. 爪楊枝の頭の部分でクッキー地に均等に穴を開け、180度に予熱したオーブンで20分焼きます。
  7. 冷めたらケーキ型の底をクッキーにあてて、クッキーの周りの余分なところを切り落とします。型よりも気持内側をナイフの先で軽く何度も引いてカットするのがポイントです。
  8. ケーキ型の底にクッキー地を敷き、切り落としたクッキーを細かくカットして、クッキーの上に均等に散らします。
  9. チーズケーキ生地を作ります。クリームチーズを室温に戻し、泡立て器で柔らかく練り、グラニュー糖を加えてなめらかになるまでよく混ぜます。
  10. コーヒーを湯で溶いてチーズケーキ地に加えて混ぜます。
  11. バニラエッセンス、サワークリーム、卵、バニラエッセンス、コアントローの順に加えて、その都度よく混ぜます。
  12. 粉類を茶こしでふるいながら薄力粉を加えたら、ヘラで切るようにさっくりと混ぜます。少し休ませます。
  13. 中ボウルに卵とグラニュー糖を加えて、湯煎にかけながらしっかりとろりと泡立てます。
  14. 11に数回に分けて泡立てた卵を加えてさっくり混ぜます。
  15. オーブンを180度に余熱し、天板に熱湯を1リットル注ぎます。
  16. ケーキ型に生地を流し込み、気泡を抜き、型の下に皿を敷いてオーブンに入れ、180〜160度で50分焼きます。
  17. オーブンから取り出し、冷ましてから型ごとポリ袋に入れて冷蔵庫で一晩寝かします。
  18. 型から取りだし、切り分けます。
1月 242016
 

パン生地をコーヒー味にするのではなくて、あんこをコーヒー味に仕立てたミルククリームあんパンです。

小倉コーヒーミルクあんパン

小倉コーヒーミルクあんパン

パン生地

  • 強力粉…150g
  • きび糖…20g
  • 塩…2g
  • ドライイースト…小さじ1/3
  • 牛乳…30ml
  • 水…45ml
  • 卵…20g
  • 無塩バター…10g

小倉コーヒーあん

  • 小豆…100g
  • きび糖…100g
  • 塩…ふたつまみ
  • フリーズドライのインスタントコーヒー…小さじ1

ミルククリーム

  • 牛乳…90ml
  • グラニュー糖…30g
  • コーンスターチ…10g
  • バター…6g

<作り方>

  1. 小豆を軟らかく煮てきび糖と塩を加えてだれない程度に煮詰めたら、150gを取り出してコーヒーを加えて密封し、冷まします。
  2. ミルククリームを作ります。すべての材料を小鍋に入れて泡立て器でよく混ぜ、中火にかけてへらで混ぜながら、プツプツと少し固まってきたら火から下ろし、冷水に鍋底をつけて冷まします。かなり柔らかいと思われる程度でOK。
  3. クリームの表面にラップを密着させて鍋ぶたをして冷蔵庫へ。
  4. 大ボウルに粉類を入れて、泡立て器でふんわり混ぜておきます。
  5. 水と牛乳を合わせてレンジで35度にあたためます。
  6. 大ボウルに水と牛乳を入れて捏ね、生地がまとまってきたらバターを加えます。
  7. 大ボウルにラップをして22〜23度の室温で2時間1次発酵。
  8. パン生地のガス抜きをして5等分にカットし、軽く丸めてボウルをかぶせて15分〜20分ベンチタイム。
  9. 生地を丸くのばして小倉小豆を25gずつ包んで底を閉じて天板に並べ、35度のスチーム発酵で50分2次発酵。
  10. 卵に少量のみりんを加えて混ぜて、生地表面に刷毛で2度塗りします。
  11. オーブンを200度に予熱して、180〜160度で15分焼きます。
  12. 生地を冷ましている間に、ミルククリームを絞り袋に入れておきます。
  13. 生地が冷めたらパンの側面に菜箸で貫通する手前まで穴をあけ、絞り袋の先端を思いっきり刺して注入します。

みずからとろけ出すフォンダンショコラ

 Lightroom CC, MacBook Pro, Photo editing, α6000, お菓子, カメラ, デバイス, ヘルシーシェフMRO-NY3000, メディア, 写真, 料理  みずからとろけ出すフォンダンショコラ はコメントを受け付けていません。
1月 222016
 

チョコレートケーキの中からチョコクリームがとろ〜り!…という至福の一瞬に憧れるフォンダンショコラ。

温めたら穴からみずからクリームをとろりと吹き出して笑ってしまいました。

温めたら穴からみずからクリームをとろりと吹き出して笑ってしまいました。

半生で溶岩みたい。

半生で溶岩みたい。

つくってみてわかるカロリーの高さ! おいしいけど食べ過ぎには要注意ですね(>_<)

<材料>耐熱ガラスのカップ2個分

  • クーベルチュールミルクチョコレート…50g
  • 無塩バター…30g
  • 卵…1個(50g)
  • きび糖…20g
  • クルミオイル…10ml
  • 薄力粉…5g
  • ココアパウダー…5g
  • 塩…ひとつまみ
  • ラム酒…小さじ1

<作り方>

  1. 小ボウルに薄力粉とココアパウダーと塩を入れて、泡立て器でふんわり混ぜておきます。
  2. 方にスプレーオイルをかけて冷蔵庫で冷やし、粉を振って落とし冷やしておきます。
  3. チョコレートとバターを湯煎で溶かします。
  4. 別のボウルに卵ときび糖を入れて泡立て器で混ぜます。
  5. チョコレートを少しずつ加えては混ぜ、クルミオイルも加えます。
  6. 粉類をバサッと加え、ヘラでサック利と混ぜ合わせます。
  7. 型に生地を注ぎ入れ、冷蔵庫で30分ほど冷やします。
  8. 200度のオーブンで10〜13分焼きます。
  9. きちんと冷めてから型から皿にひっくり返して取り出します。
  10. レンジで20秒ほど加熱します。みずから破裂してチョコレートソースが流れ出します。