自家製天然酵母の全粒粉ブール

 α7, カメラ, パン, ブロート, ヘルシーシェフMRO-NY3000, 天然酵母・酵母・イースト, 料理, 自家製天然酵母  自家製天然酵母の全粒粉ブール はコメントを受け付けていません。
5月 042020
 

レーズン酵母の元種の残った70gを使って、全粒粉のブールを焼きました。

珍しく電気オーブンを300度にガンガンに予熱して焼いたので、クラストが薄くて感激!
…でも今月の電気代が心配。

<材料>1斤分

  • 強力粉(スーパーキング) 140g
  • 全粒粉 60g
  • きび糖 8g
  • はちみつ 5g
  • 天然酵母の元種 70g
  • 浄水 150ml
  • 塩 4g

<作り方>

  1. 浄水をレンジで人肌よりもぬるめに温めて、元種の容器に少し加えて緩めておきます。
  2. 大ボウルに粉類を入れて、泡立て器でふんわり混ぜ合わせておきます。
  3. 大ボウルに浄水を少し加えて、1の緩めた元種を加えてヘラで粉気が無くなるまで混ぜて、ラップをかけて30分そのまま休ませます。
  4. 残りの浄水で固さを調整して、塩を加えて手で捏ねます。
  5. 全体が均等な固さになったところでまとめてラップをかけて30分休ませます。
  6. ヘラで返すようにしてガス抜きをしてまとめ直して、ラップをかけて30分休ませます。
  7. もう一度生地をまとめ直してガスを抜き、生地を中ボウルに移し替えてラップをかぶせて室温で4時間ほどおきます。
  8. ほどなく膨らんできたら(1.5倍くらい)、しっかりとポリ袋でボウルごと包み、冷蔵庫の野菜室で一晩(9〜12時間くらい)おきます。
  9. 翌朝2倍ほどに膨らんでいたら、室温に2時間ほどおいておきます。
  10. 生地に打ち粉をして、打ち台に取り出して、軽くガスを抜きながら手で丸く伸ばします。
  11. 左右をたたみ、手前から軽くたたんでまとめて、ボウルをかぶせて30分ベンチタイム。発酵かごに打ち粉をしておきます。
  12. 生地を丸くのばして左右をたたみ、手前と向こう側を中央に折りたたんで、端を押し込むようにして軽くまるめて閉じ、なまこ型にして、とじ目を上にして発酵かごに入れます。
  13. キッチンペーパーを濡らして固く絞り、パン生地にふわっとかけて、ラップもフワッとかけて、暖かいところ(35度くらい)に1時間ほど二次発酵します。
  14. 2次発酵の40分くらいで、オーブンの下段に天板を入れた状態でを「スチームオーブンの300度20分」にセットして余熱を開始します(家のオーブンでは300度の余熱が完了するまで35分かかります)。
  15. 余熱が250度ほどになったところで、オーブンシートに発酵かごから生地を転がすようにひっくり返して取り出します。クープを45度の角度で1センチほどの深さに入れて、十分に霧吹きをかけます。
  16. 余熱が完了したら、生地を入れて250度に下げます。17分焼いたら220度に下げて7分焼きます。

先日ヨドバシカメラの抽選販売で当選して購入したリングフィット。相当いい汗かいてます。ぐっすり過ぎるくらいよく眠れてます。

11月 042013
 

犬の姿のホットドッグを作りました。天然酵母パンです。食べごたえありました〜!

犬の形のホットドッグ

犬の形のホットドッグ

<材料>4本分

  • 強力粉…180g
  • 砂糖…18g
  • 塩…3g
  • 無塩バター…18g
  • 卵…18g
  • 白神こだま酵母ドライ…3.6g
  • 酵母を溶かすぬるま湯…12ml
  • 水…90ml
  • 干しぶどう…4個
  • チョコチップ…4個
  • ウィンナー…4本

<作り方>

  1. 粉類を大ボウルに入れて泡立て器でふんわり混ぜておきます。
  2. 小ボウルに水を入れてレンジで10秒ほど温め、酵母ドライを振り入れ3分ほどふやかします。
  3. 粉に酵母、卵、水を8分目ほど加えて手でこねます。様子を見ながら水を少しずつ加えてまとめたら、バターを加えてこねます。
  4. ボウルに丸めて入れてラップをして、35度の環境で1時間1次発酵。
  5. 生地のガス抜きをしたら、打ち粉をした台に取り出し、4等分し、さらに頭と胴体を2:3に切り分け、さらに頭を3:1に切り分けて1を4等分し、丸めて15分ベンチタイム。
  6. 生地を丸め直し、頭、胴体、耳、しっぽ、手足を天板の上に配置します。
  7. 40度のオーブンで50分2次発酵。その間にサンドする具材を用意しておきます。。
  8. オーブンを200度に予熱して、180〜170度で20分焼きます。
  9. 焼きたてすぐに干しぶどうの底に卵を少し塗って、鼻の部分に接着します。目の部分にチョコチップを置きます。
  10. パンが完全に冷めてから切り込みを入れ、ウィンナーや具材をサンドします。