細長半斤角食パン

 RX100M6, カメラ, パン, ヘルシーシェフMRO-NY3000, 小麦食パン, 料理, 食パン  細長半斤角食パン はコメントを受け付けていません。
1月 122020
 
25×6×6センチ角の0.5斤角食パン

パン型シリーズ第二弾は細長〜い角食パン。半斤の分量で作りました。

<材料>25×6×6センチ角0.5斤分

  • 強力粉 125g
  • きび糖 10g
  • スキムミルク 5g
  • ドライイースト 1.5g
  • 塩 2g
  • 浄水 80ml
  • 無塩バター 10g

<作り方>

  • 塩以外の粉類をボウルに入れて泡立て器でふんわり混ぜ合わせておきます。
  • 浄水とバターをレンジで少しだけ温めておきます。
  • 水を少しずつ注ぎながら手捏ねを開始します。
  • 生地がまとまったところで、塩を加えて混ぜて、バターを少しずつ加えていきます。
  • 滑らかになるまでこねて丸めて、ボウルにラップをかけて暖かいところで1次発酵。または発酵用のケースに入れて30度で1時間1次発酵。
ラップをかけて1次発酵
  • 型にサラダオイルを薄く塗っておきます。
  • ガス抜きをしたら打ち台に取り出し、丸め直してフタをして20分ベンチタイム。
  • 生地を手のひらで丸くのばしたら、麺棒で縦長にのばしくるくる巻いて閉じます。
  • 生地を型に入れて、35度のスチーム発酵下段で50分2次発酵。型の8分目までふくれたらふたをします。
  • 210度で予熱して、20分焼きます。
  • 高いところから型ごと落として空気を入れ換え、フタを開けて取りだし、冷まします。
1月 072015
 

12センチ立方体の角食型で焼くパンのぴったりの分量です。

12センチ立方体型ピッタリ角食1斤

12センチ立方体型ピッタリ角食1斤

<材料>12×12×12センチ角1斤分

  • 強力粉…250g
  • きび糖…20g
  • 塩…3g
  • ドライイースト…3g
  • 牛乳…175ml
  • 無塩バター…20g

<作り方>

  1. ドライイースト以外の粉類をボウルに入れて泡立て器でふんわり混ぜ合わせておきます。
  2. 牛乳とバターをレンジで少しだけ温めておきます。
  3. HBのパンケースに牛乳、粉類、ドライイーストの順にいれ、生地コースでこねを開始します。
  4. 生地がまとまったところで、バターを少しずつ加えていきます。
  5. こねが終わったら発酵用のケースに入れ替えて、30度で1時間1次発酵。
  6. 型にオイルスプレーをかけて粉を振って落としておきます。
  7. ガス抜きをしたら2等分して軽く丸め治し、ラップをかけて15分ベンチタイム。
  8. 生地を手のひらで丸くのばしたら、麺棒で縦長にのばし、3つ折りにしてのばしてくるくる巻いて閉じます。
  9. 生地を型に入れて、35度のスチーム発酵下段で50分2次発酵。型の8分目までふくれたらふたをします。
  10. 210度で予熱して、下段で20分焼きます。
  11. 高いところから型ごと落として空気を入れ換え、フタを開けて取りだし、冷まします。
8月 302009
 

円筒形の型で、しろたんパンに再挑戦! 今度はかわいくできました。

20090830a-300x225

抹茶が切れてしまったので、外側の生地を、カリンズジャムと食紅で赤く着色したのですが、やっぱり顔の白い部分との区別がつきにくかったのが残念です。
一応、顔に手もついているんですよ。
さすがにひげとまゆ毛までつける技量はないのですが、チャレンジしてみたいです。

8月 292009
 

しろたんの角食パンを作ろうと、ラフを描いて、Photoshopでパーツ分量を計算し、Excel2007でグラフまで作って臨んだ結果が…これです。

切った時に想像もつかない絵柄になっていたので、膝をたたいて大笑い!

20090829b-300x225

Photoshop Extendedでパーツを描いて、「計測ログ」を使ってパーツの面積を計算。

20090829c-300x221

Excelで生地のパーツの分量をグラフにして印刷。

20090829d-300x229

角食1斤分の分量(生地480g)は正しかったのだけど…。

円形のオブジェクトを、四角形の型で固めるのだから、難しいはずだわ。
今度は円柱形の型で挑戦してみよう。