デニッシュサンド

 テーブルロール, パン, 惣菜パン, 料理  デニッシュサンド はコメントを受け付けていません。
2月 242017
 

デニッシュサンド用のバンズです。バターの折り込みも失敗なしでできました。もちろんそのまま食べてもおいしいです。

デニッシュサンド

デニッシュサンド

<材料> 6個分

  • フランスパン用粉…120g
  • 強力粉…80g
  • きび糖…20g
  • 塩…4g
  • 卵…20g
  • 水…96ml
  • フランスパン用イースト…4g
  • 生地用無塩バター…16g
  • 折り込み用無塩バター…80g

<作り方>

  1. 卵とバターを室温に戻しておきます。水は人肌ほどにあたためておきます。大ボウルに塩、粉類、きび糖を入れて泡だて器でふんわり混ぜておきます。
  2. 卵と温めた水を注ぎいれ、イーストを加えこねます。
  3. ある程度まとまってきたらバターを加えて5分ほどこねます。
  4. 丸めて表面をつるんとさせたらボウルに戻してラップをして20分休ませます。
  5. ラップを広げて軽く粉を振り、生地をくるんで直径15センチほどに伸ばします。
  6. ポリ袋に入れ、さらにジップロックの袋にきっちり入れて冷蔵庫で8時間発酵させます。
  7. 室温に戻した折り込み用のバターを大きく切ったラップに置き、二つ折りにしてから一辺15センチになるようにラップを折り込んで形作り、麺棒で均等な厚さに伸ばして冷蔵庫にいれておきます。
  8. 生地を打ち粉をした台に取り出し、麵棒で一辺22センチほどに伸ばしてバターをひし形に置き、折り紙のように中央に向けて生地を折ってきっちり止めます。
  9. 生地を20×40センチほどの長方形に伸ばして、生地を3つ折りに畳んでラップでくるみ、さらにポリ袋に入れて冷蔵庫で30分休ませます。
  10. 生地を取り出し、同じように20×40センチに伸ばして3つ折りにして冷蔵庫で30分休ませます。
  11. もう一度同じように20×40センチに伸ばして3つ折りにして冷蔵庫で30分休ませます。
  12. 生地を取り出したら20×30センチに伸ばして、ナイフで6等分にカットし、オーブンシートを敷いた天板に間を開けて並べます。
  13. 30度で80分スチーム発酵し、オーブンを210度に余熱して、20分焼きます。
  14. 冷めたら中央を横に切り込みを入れて、好きな具材を挟んでいただきます。
1月 302015
 

ホットドッグ用のバンズを作りました。今回は少し過発酵気味だったかもしれません。

富澤商店の福袋に入っていた、オニザキのすりごまを加えたので、焼いているそばからいい香り。

今年の富澤商店の福袋の内容はかなり実用的なものばかりなので、全て使い切ることができそうです。 同梱さていたピーナツクリームもおいしくて、このバンズでサンドして食べました。

ホットドッグ用のすりごまパン

ホットドッグ用のすりごまパン

<材料>ホットドッグ用のバンズ5本

  • 薄力粉…200g
  • きび糖…18g
  • すりごま…10g
  • 塩…3g
  • ドライイースト…3g
  • 水…140ml
  • 無塩バター…20g

<作り方>

  1. ボウルでドライイーストを除く粉類を合わせて泡立て器でふんわり混ぜておきます。
  2. HBのパンケースにぬるま湯、粉類、ドライイーストの順に投入します。
  3. 生地コースでこねを開始し、ある程度まとまってきたらバターを少しずつ加えます。
  4. こねが終わったら発酵用のケースに移し、30度で1時間1次発酵。
  5. ガス抜きをして取りだし、5等分して軽く丸め直し、固く絞った布巾をかぶせて15分ベンチタイム。
  6. ホットドッグ焼き型に薄く油を塗っておきます。
  7. 生地を楕円形にのばし、三つ折りをしてさらに二つ折りして閉じ、ホットドッグ型に入れ、ヘルシーシェフのスチーム発酵30度で50〜60分2次発酵。
  8. オーブンを190度に予熱して、15分焼きます。
1月 122014
 

ブランチは自家製バンズでハンバーガー。

混ぜ込みわかめ若菜入りバンズのチキンバーガー。

混ぜ込みわかめ若菜入りバンズのチキンバーガー。

バンズには本来はご飯に混ぜ込むわかめと若菜を入れて、おかずをサンドするのにいい塩梅でした。チキンは手抜きでケンタッキーの骨なしチキンをスライスしてサンド。骨なしチキン、食べやすくていいですよ!ドレッシングはマクドの真似をしてハニーマスタードです。
バーガー用のピックをあちこち探し歩いたのですが売っていなくて、結局近くのホームセンターで購入した短めの竹串で作りました(笑)

混ぜ込みわかめ若菜入りバンズ

<材料>5個分

  • 強力粉…130g
  • 全粒粉…20g
  • きび糖…14g
  • 混ぜ込みわかめ若菜…4g
  • 塩…1.8g
  • 無塩バター…14g
  • 水…90ml
  • 生イースト…6g
  • 洗いごま…適宜

<作り方>

  1. 粉と砂糖と塩および混ぜ込みわかめ若菜を中ボウルに入れて泡立て器でふんわり混ぜておきます。
  2. 小ボウルに分量内の水20mlを入れてレンジで5秒ほど温め、生イーストを加えてよく溶かし、分量内の強力粉を20g加えてよく混ぜ、ラップをして10分ほど暖かいところに置きます。ぷつぷつ泡が見えてきます。
  3. HBに残りのぬるま湯にバターすべての粉類、生イーストの順に加えて、パン生地コースをスタートします。
  4. そのままパン生地コースで1次発酵までを行います。または生地を35度の環境で1時間1次発酵。
  5. 生地のガス抜きをしたら、5等分して丸めて15分ベンチタイム。
  6. 生地を丸め直して軽く表面に霧吹きをかけて、ごまをまぶします。
  7. 40度のオーブンで50分2次発酵。
  8. オーブンを200度に予熱して15分焼きます。
11月 072013
 

はじめて「生イースト」を使ってパンを焼きました。
子どもの頃からパン屋さんが使っている生イーストで焼くのがあこがれでした。なかなか手に入らないので。
うっわー! これはふくれるふくれる! ドライイーストやら天然酵母とはエライ違いです。
なるほどー、これだけふくれるとコスパいいわぁ。…じゃなくて、ふくれるんだから当然焼き上がりはふんわりふわふわ、まるでパン屋さんのパン。そしていつもよりも味が濃く感じました。
やっぱりプロが使う材料は、それなりにちゃんと理由があって、全然違うものなんだなぁと痛感しました。

生イーストのホットドッグ用バンズ

生イーストのホットドッグ用バンズ

<材料>ホットドッグ用の型5個分

  • 強力粉…200g
  • 砂糖…20g
  • 塩…3g
  • 無塩バター…20g
  • 生イースト…8g
  • スキムミルク…16g
  • ぬるま湯…120ml

<作り方>

  1. 強力粉と砂糖を大ボウルに入れて泡立て器でふんわり混ぜておきます。
  2. 小ボウルに分量内の水20mlを入れてレンジで5秒ほど温め、生イーストを加えてよく溶かし、分量内の強力粉を20g加えてよく混ぜ、ラップをして10分ほど暖かいところに置きます。ぷつぷつ泡が見えてきます。
  3. HBに30度ほどにあたためた水、予備発酵した生イースト、粉類、塩、スキムミルクの順にくわえて、パン生地コースをスタートします。生地がある程度まとまったところでバターを加えます。
  4. そのままパン生地コースで1次発酵までを行います。または生地を35度の環境で1時間1次発酵。
  5. 生地のガス抜きをしたら、5等分して丸めて15分ベンチタイム。
  6. 長く伸ばして三つ折りにして、さらに三つ折りにして閉じ、クッペ型に整えて型に入れます。
  7. 40度のオーブンで50分2次発酵。
  8. オーブンを200度に予熱して15分焼きます。
生イーストのホットドッグ用バンズ

生イーストのホットドッグ用バンズ

10月 312013
 

ホットドッグ用の型で、全粒粉のバンズを焼きました。バターロールの分量です。

クープ(切れ込み)ができそこないだけど…(^^;)
何をはさもうかなぁ。

全粒粉のホットドッグバンズ

全粒粉のホットドッグバンズ

<材料>ホットドッグ用の型5個分

  • 強力粉…160g
  • 全粒粉…40g
  • 砂糖…20g
  • 塩…3g
  • 無塩バター…20g
  • 卵…20g
  • 白神こだま酵母ドライ…4g
  • 酵母を溶かすぬるま湯…20ml
  • ぬるま湯…90ml

<作り方>

  1. 粉類を大ボウルに入れて泡立て器でふんわり混ぜておきます。
  2. 小ボウルに水を入れてレンジで5秒ほど温め、酵母ドライを振り入れ3分ほどふやかします。
  3. 粉に酵母、卵、水を8分目ほど加えて手でこねます。様子を見ながら水を少しずつ加えてまとめたら、バターを加えてこねます。
  4. 生地を35度の環境で1時間1次発酵。
  5. 生地のガス抜きをしたら、5等分して丸めて15分ベンチタイム。
  6. 長く伸ばして三つ折りにして、さらに三つ折りにして閉じ、クッペ型に整えて型に入れます。
  7. 40度のオーブンで50分2次発酵。
  8. オーブンを200度に予熱して、180〜170度で15分焼きます。