肉まん

 α7, おかず, カメラ, キッチンエイド, 惣菜パン, 料理  肉まん はコメントを受け付けていません。
3月 252020
 

挽肉作りから、具のこねや、生地のこねもキッチンエイドでこなしました。体力手的にとても楽でした。
味もちょうど良く、朝食にピッタリでした。

<材料>(中4個分)

  • 強力粉 40g
  • 薄力粉 100g
  • 砂糖 15g
  • ベーキングパウダー 小さじ1/2
  • ドライイースト 小さじ1/2
  • 塩 ふたつまみ
  • ぬるま湯 85ml
  • ごま油 小さじ1

  • 豚バラ肉 90g
  • 干ししいたけ(もどしたもの) 1枚
  • 玉ねぎ 25g
  • にら 2把
  • ゆでたけのこ 20g
  • しょうがのみじん切り 1片

調味料

  • 酒 小さじ1
  • 砂糖 小さじ2
  • しょうゆ 小さじ2
  • オイスターソース 小さじ1
  • 片栗粉 小さじ2
  • ごま油 小さじ1
  • 塩・こしょう 適宜

<作り方>

  1. 豚バラ肉をカットして、キッチンエイドのフードグラインダーで細挽きしてボウルで受けます。
  2. その他の具を大きめのみじん切りにしてボウルに加えて、調味料も加えます。
  3. キッチンエイドに平面ビーターを取り付けて、白っぽくなるまで捏ねます。
  4. 具を4等分して、1つずつラップにくるんでおきます。(182g÷4=1個あたり45g)
  5. 中ボウルに皮用の粉類を入れて泡立て器で混ぜ合わせます。
  6. キッチンエイドのボウルに粉類を移し、ぬるま湯を注ぎ、ドゥフックで捏ねます。
  7. 途中でごま油を足して捏ねます。
  8. 滑らかになったら取り出し丸めて、粉を入れておいた中ボウルに入れてラップかけて、暖かいところで2倍の大きさになるまで1時間ほど発酵させます。
  9. 発酵している間に中華鍋に水を入れ、せいろを濡らして、オーブンペーパーをカットして、せいろに敷いておきます。
  10. 生地のガス抜きをしたら打ち台に取り出し、4等分にカットして丸めて、15分ベンチタイム。
  11. 麺棒で丸くのばします。周りを薄めに伸ばして具を乗せて、ヒダを付けながら包み、最後はひねって閉じます。
  12. 中華鍋の湯を沸騰させて、オーブンペーパーに肉まんをのせて蓋をして、15分蒸します。

食べきれなかった分は中華鍋からせいろをおろして、蓋をした状態で粗熱が取れたらラップで包んでおき、食べるときに再び蒸します。

蒸す前の状態

キッチンエイドのフードグラインダー取り付け順

 RX100M6, カメラ, キッチンエイド, 料理,  キッチンエイドのフードグラインダー取り付け順 はコメントを受け付けていません。
3月 152020
 
フードグラインダーのセット

 コストコで1年半前に購入したキッチンエイドにおまけで付いてきたフードグラインダー。今まで収納したままでしたが、最近使い始めたらものすごく便利!

ヘルシーな挽肉や、味噌造りの大豆を挽いたり、なんで今まで眠らせておいたのか。少量作るだけなのに手間暇かかるだろうと勝手に思い込んでいたからなのです。

パーツが多いのがネックではなりますが、取り付け順を忘れないように、記録しておきます。

フードグラインダー本体(左)に、粉砕スクリュー(右)を挿入
粉砕スクリューを奥にグッと押し込む
ここがキモになります
粉砕スクリュー先端(左)に手裏剣型の刃(右)をはめ込む
正方形に合わせて装着
粉砕プレート(右)。これは細引き用
くぼみに合わせて装着。裏表はとくにない
押さえのリング(右)
時計回りに捻ってしっかり閉めます
ゆるいと肉がしっかり挽けません
キッチンエイド本体の右側のネジを緩める
キャップを外す
フードグラインダーを本体の穴に装着
右側のくぼみにフードグラインダーの突起をはめる
本体のネジを軽く閉める
グラインダーの下にボウルを置いて、スタート。
速度は4に合わせる
外す際にきつい時はレンチをリングに当てて半時計周りにひねる
キッチンエイドの器具の収納は、5kg用のライスストッカーを使用

オートリーズできめ細かなフワフワ角食パン

 α7, カメラ, キッチンエイド, パン, ヘルシーシェフMRO-NY3000, 小麦食パン, 料理, 食パン  オートリーズできめ細かなフワフワ角食パン はコメントを受け付けていません。
2月 242020
 
フワッフワできめ細かい!

あらかじめ大まかに粉を捏ねておくオートリーズの工程の後に、いつもの作り方で焼いた、ふわっふわの食パンです。耳が薄くて食べやすく、何も付けなくても美味しい!

12センチ立方体の角食型で焼くパンのぴったりの分量です。

<材料>12×12×12センチ角1斤分

  • 強力粉…250g
  • きび糖…20g
  • スキムミルク 10g
  • 塩…4g
  • ドライイースト…3g
  • 浄水…175ml
  • 無塩バター…20g

<作り方>

  1. 強力粉をボウルに入れて泡立て器でふんわり混ぜ合わせておきます。
  2. 浄水をレンジで人肌に温めておきます。
  3. ボウルに浄水を加えて、箸でかるくまぜてから手で捏ねます。
  4. 軽く生地がまとまったところで、ボウルにラップをして、30分休ませます。
  5. 捏ね用のボウルに移して、きび糖、スキムミルク、ドライイートをくわえてニーダーで捏ね始めます。
  6. まとまってきたら塩とバターを加えていきます。
  7. こねが終わったら発酵用のボウルに入れ替えてラップをかけて、暖かいところで1時間1次発酵。
  8. 型にサラダオイルをしっかり塗って、ペーパータオルで拭いておきます。
  9. 生地を取り出し、ガス抜きをしたら2等分して軽く丸め治し、ラップをかけて15〜20分ベンチタイム。
  10. 生地を手のひらで丸くのばしたら、麺棒で縦長にのばし、3つ折りにしてのばしてくるくる巻いて閉じます。
  11. 生地を型に入れてラップをかけて、30度のスチーム発酵下段で50〜60分2次発酵。型の8分目までふくれたらふたをします。
  12. 210度で予熱して、190度25分焼きます。
  13. 高いところから型ごと落として空気を入れ換え、フタを開けて取りだし、冷まします。
ホッとする美味しさです。

フルーツサンドシフォンケーキ

 RX100M6, お菓子, カメラ, キッチンエイド, クリーム, ヘルシーシェフMRO-NY3000, 写真, 料理  フルーツサンドシフォンケーキ はコメントを受け付けていません。
1月 092020
 

新年の手みやげスイーツ第二弾は、シフォンケーキを二層にスライスして、フルーツをサンドしてホイップでラフなコーティング。塗りの下手さは相変わらずですが、あえて塗りたくらないように自分を抑えるのが一番難しかったです。

シフォンケーキ型直径15センチ

<材料>

  • 卵 3個
  • 砂糖 52g
  • サラダ油 21ml
  • 牛乳 37ml
  • 薄力粉 52g
  • バニラオイル 適宜

シロップ用

  • きび糖 30g
  • 水 30ml

サンド用

  • フルーツ缶
  • 生クリーム(35%) 200ml
  • 細粒グラニュー糖 20g
  • ホワイトラム 小さじ2

<作り方>

  1. 薄力粉を必ず粉ふるいで3回ふるっておきます。卵黄と卵白に分けて卵白とボウル(キッチンエイド用)は直前まで冷蔵庫で冷やしておきます。オーブンを200度(30分)にセットして余熱しておきます。
  2. 大きめのボウルに卵黄と残りのグラニュー糖を入れて、ハンドミキサーで白っぽくなるまで混ぜます。サラダ油を加えて混ぜ、牛乳を加えて混ぜます。
  3. 薄力粉を加えて粉気が無くなるまで混ぜます。
  4. 卵白のボウルをホイッパー(キッチンエイド)でスジが見えるまで泡立てたらグラニュー糖の2/3を加えてしっかりと泡立てます。
  5. 卵黄のボウルにメレンゲを1/4加えて泡立て器でしっかり混ぜます。残りのメレンゲを加えて底から生地をすくい上げて混ぜます。
  6. 型に生地を流し、トントンと軽くたたいて気泡を出します。表面を平らにならしてから型の側面と中央の上まで生地を塗りつけます。
  7. オーブンに入れ、170℃に下げて30分焼きます。焼き目が付いてきたところで160度に下げます。
  8. 型ごと15センチくらい上から濡れ布巾の上にトンと落として中の空気を入れ換えます。
  9. 型ごと逆さまにして細身の缶の上に中央を重ねて、涼しいところで冷まします。シロップを一煮立ちさせて冷ましておきます。フルーツもカットしてペーパータオルにおいて汁気を切っておきます。
  10. 型と生地との間にシフォンケーキ用のナイフを入れて型から外し、上下を2分割にカットします。
  11. 生クリームとボウル(キッチンエイド用)を冷やしておき、取り出してグラニュー糖を加えて8分目くらいまで泡立てます。
  12. 生地のカット面に刷毛でシロップを塗り、ホイップを一層塗ってからフルーツをのせ、もう一方の生地を重ねます。
  13. 生地の表面に残りのシロップを一層塗ってしみこませ、ホイップを上面に盛って、スパチュラで外側にホイップを垂らしながら平らにします。垂れたホイップを側面に塗りつけて、完成です。
1月 072020
 
トヨ型パン

久しぶりにパン型を複数出してきて、しっかりと空焼き処理をしました。その中からトヨ型を使ってジャストな分量で焼き上げました!。

そもそもトヨ型って? 日本語の「とい」から来てるのだろうけど、もともとはドイツの伝統菓子用の型で、レーリュッケン(Rehrücken)「鹿の背中」を意味するのだそう。なんともワイルドな。

材料

  • 強力粉 220g
  • きび糖 20g
  • スキムミルク 10g
  • ドライイースト サフ青 3g
  • 浄水 150ml
  • 塩 4g
  • 無塩バター 20g

作り

  1. 型はあらかじめ空焼きをして、薄くサラダオイルを塗っておきます。
  2. 塩とバター以外をボウルに入れてニーダーでこねて、塩、バターを加えて滑らかになるまでこねます。
  3. 生地を取り出して丸め直して、内側に粉を振ったヨーグルトメーカーの容器に入れてフタをして30度で1時間、一次発酵。
  4. 2倍に膨れたら粉をふってバンチしてガスを抜き、打ち台に取り出して丸め直して、フタを被せて20分ベンチタイム。
  5. 生地を長方形に伸ばして、くるくる巻いてとじます。型に生地を入れます。
  6. フタを開けたまま35度に設定したオーブンで30分2次発酵します。型の8割ほどに膨れたところでフタをして210度に余熱開始。
  7. 210度で20〜25分焼きます。型ごとトンと落として空気を入れ替えて、型から取り出し冷まします。