2月 072016
 

フォルサワーのクルミ入りのライ麦パンです。がっちり香ばしく焼きました。

フォルサワーのクルミライ麦パン

フォルサワーのクルミライ麦パン

ドライイーストは少なめなので、多少発酵に時間をかけています。

<材料>

  • フランスパン用粉(ソレドオル)…175g
  • ライ麦…50g
  • フォルサワー…25g
  • 塩…5g
  • モルトシロップ…2g
  • ハチミツ…大さじ1
  • 水…175ml
  • 無塩バター…10g
  • ドライイースト(サフ金)…小さじ1/3
  • 生クルミ…80g

<作り方>

  1. 大ボウルに粉類とドライイーストを入れて泡立て器でふんわり混ぜておきます。
  2. クルミはフライパンで煎って、大きくても半分程度に割っておきます。
  3. ハチミツとモルトを湯で溶いて水を注ぎぬるめに調整して、粉に注いでこねます。
  4. まとまってきたらバターを加えて10分ほどたたいたりこねたりします。
  5. クルミを巻き込んで丸めてボウルにいれてラップをして、2〜3時間くらい室温(25度くらい)におき1次発酵。
  6. ガス抜きをして打ち粉をした台に手で長方形に伸ばし、3つにたたんで閉じます。
  7. 閉じた部分を上にして粉をたっぷり振ったかごに入れて、35度のスチーム発酵で1時間2次発酵。
  8. オーブンを210度に予熱。カゴからオーブンシートを敷いた天板にひっくり返し、クープを入れます。
  9. オーブンに入れたら230度に上げ、スチームを含めて30分しっかり焼きます。
1月 162015
 

くまのカスタードクリームパンを作る様子をiPhoneで録画、某アプリで編集してみました。

くまのカスタードクリームパン

くまのカスタードクリームパン

5秒間9コマという制限があるので、手順を端折っています。

<材料>

カスタードクリーム

  • 卵黄…1個
  • グラニュー糖…27g
  • 牛乳…80ml
  • 無塩バター…3g
  • 薄力粉…大さじ1
  • ラム酒…小さじ1
  • バニラエッセンス…数滴
  • 塩…ひとつまみ

パン生地

  • 強力粉(春よ恋)…150g
  • 塩…2g
  • きび糖…15g
  • 無塩バター…10g
  • 牛乳…90ml(もう少し足すべき)
  • ドライイースト…2.5g
  • ーベルチュールミルクチョコレート…適宜

<作り方>

  1. カスタードクリームを作ります。鍋でグラニュー糖と卵黄をよく混ぜて薄力粉を振り入れてサッと混ぜます。
  2. 牛乳を沸騰寸前まで温めて少しずつ鍋に注ぎながらよく混ぜます。
  3. 鍋を中火にかけて絶えずかき混ぜ、まとまってきたら手早く混ぜます。
  4. ラム酒、バニラ、バターを加えて好みの硬さよりも少しゆるめの状態で火から下ろして、塩を加えて鍋にふたをして冷まします。
  5. パン生地の粉類を泡立て器でふんわり混ぜ、HBに温めた牛乳を入れて粉類を加え、ドライイーストを最後に入れてこねを開始します。
  6. 生地がまとまってきたらバターを加えます。
  7. こねが終わったらボウルに丸めてラップをして1時間1次発酵。
  8. ガス抜きをして生地を5等分し、さらに1つの生地の1/5ほどを切り取り3等分して丸めてベンチタイム。
  9. 大きい生地を楕円形にのばして、カスタードクリームを15gほど乗せて挟んで包み、しっかり閉じます。
  10. 天板に乗せてから生地の中央をグッとおしてへこませて、小さい生地を1つ埋め込みます。両耳もつけます。
  11. 30度スチーム発酵50分で2次発酵。
  12. 180度に予熱して10分焼き、160度に下げて5分焼きます。
8月 122013
 

ハワイ旅行のメジャーな観光地巡りをまとめたダイジェストムービーを公開しました。

1-2日目はジョニーが波乗りに挑戦しようと、伝説のサーファー由来の地へと向かいます。

3〜6日目の動画です。ダイヤモンドヘッド、この木何の木、ラニカイビーチや、夜明けの空のオリオン座と強烈な朝日が印象的でした。

10月 202012
 

しつこいようですが、iPhone5で撮影した夕暮れの早回しサイレントムービーシリーズです。
今回は羽田に着陸する飛行機がよく通るコースにカメラを向けてみました。
とても細かくて虫が飛んでいるようにしか見えないのですが、実は36秒間(実際は40分間)に20機以上が左から右下へ降りていきました。降りる寸前にくるっと左に旋回するんですね。

10月 082012
 

iPhone5で撮影した今日の朝焼けの様子を1分にまとめました。
次々と流れていく雲間から、見え隠れする朝日と青空がもどかしいです。