デニッシュサンド

 テーブルロール, パン, 惣菜パン, 料理  デニッシュサンド はコメントを受け付けていません。
2月 242017
 

デニッシュサンド用のバンズです。バターの折り込みも失敗なしでできました。もちろんそのまま食べてもおいしいです。

デニッシュサンド

デニッシュサンド

<材料> 6個分

  • フランスパン用粉…120g
  • 強力粉…80g
  • きび糖…20g
  • 塩…4g
  • 卵…20g
  • 水…96ml
  • フランスパン用イースト…4g
  • 生地用無塩バター…16g
  • 折り込み用無塩バター…80g

<作り方>

  1. 卵とバターを室温に戻しておきます。水は人肌ほどにあたためておきます。大ボウルに塩、粉類、きび糖を入れて泡だて器でふんわり混ぜておきます。
  2. 卵と温めた水を注ぎいれ、イーストを加えこねます。
  3. ある程度まとまってきたらバターを加えて5分ほどこねます。
  4. 丸めて表面をつるんとさせたらボウルに戻してラップをして20分休ませます。
  5. ラップを広げて軽く粉を振り、生地をくるんで直径15センチほどに伸ばします。
  6. ポリ袋に入れ、さらにジップロックの袋にきっちり入れて冷蔵庫で8時間発酵させます。
  7. 室温に戻した折り込み用のバターを大きく切ったラップに置き、二つ折りにしてから一辺15センチになるようにラップを折り込んで形作り、麺棒で均等な厚さに伸ばして冷蔵庫にいれておきます。
  8. 生地を打ち粉をした台に取り出し、麵棒で一辺22センチほどに伸ばしてバターをひし形に置き、折り紙のように中央に向けて生地を折ってきっちり止めます。
  9. 生地を20×40センチほどの長方形に伸ばして、生地を3つ折りに畳んでラップでくるみ、さらにポリ袋に入れて冷蔵庫で30分休ませます。
  10. 生地を取り出し、同じように20×40センチに伸ばして3つ折りにして冷蔵庫で30分休ませます。
  11. もう一度同じように20×40センチに伸ばして3つ折りにして冷蔵庫で30分休ませます。
  12. 生地を取り出したら20×30センチに伸ばして、ナイフで6等分にカットし、オーブンシートを敷いた天板に間を開けて並べます。
  13. 30度で80分スチーム発酵し、オーブンを210度に余熱して、20分焼きます。
  14. 冷めたら中央を横に切り込みを入れて、好きな具材を挟んでいただきます。
9月 052015
 

オーストリア王室御用達のパン屋さん「エーデッガー・タックス Edegger-Tax」が本日オープン! 開店前から並んでしまいました。

オープン数分で売り切れてしまった「シシーブッセルン」。さすがにエリザベートは人気ですものね。

オープン数分で売り切れてしまった「シシーブッセルン」。さすがにエリザベートは人気ですものね。

昨年仕事で訪れたオーストリアのグラーツの本店で、カプチーノとお菓子をいただいたときの記憶がとても好印象で、今回東京は神田に初出店ということでとても楽しみにこの日を待っていました。

グラーツの本店を訪れたときの様子はこちら

都バス1本で行けちゃうなんて、嬉しすぎる(ToT)

都バス1本で行けちゃうなんて、嬉しすぎる(ToT)

店内はお客さんが10人も入れば満員状態なくらいの間口ですが、パンの種類はとても豊富で選ぶのに本当に迷ってしまいます。

写真の撮影許可をいただいて、店内を撮らせていただきました。

写真の撮影許可をいただいて、店内を撮らせていただきました。

オーストリアのビールとワインも売っていました。ゲッサー(ビール)1本800円(O_O)!…は高いけど、その下の段に並んでいるオーストリアワインがグラス1杯800円なら飲みたいかも。

上段ははちみつ。中段にはブドウジュースとビール。下段はワイン。

上段ははちみつ。中段にはブドウジュースとビール。下段はワイン。

ちなみに上段にならんでいるのはハチミツ。「もみの木」「栗の花」「たんぽぽ」「水辺の花」「ひまわり」「さくらんぼ」「春の花」「アカシア」。なんてユニーク。優しい味わいが楽しめそう。

今回は9点購入しました。

今回購入したパンとお菓子と、オーストリアの仲間たち?

今回購入したパンとお菓子と、オーストリアの仲間たち?

これら7点と、ブドウジュースとカイザーゼンメルはお店の外で食べちゃいました。

これら7点と、ブドウジュースとカイザーゼンメルはお店の外で食べちゃいました。

私のお気に入りはフルーツのデニッシュ「プレンダー」(中央)と、マジパンクグロフ・キュルビス(右下)と、ザッハトルテ(右上)。

それにしても、ザッハトルテって本当にすごい。
アプリコットの甘酸っぱさ、チョコレートの苦甘さとざらつき感が絶妙。
私の周りではかなり好き嫌い分かれるお菓子ですが、私は大好きなのです。

昔から変わらない味だとしたら、当時の貴族はどんだけおいしいものを食べていたんだろう。

サンドイッチ(紫のケシの実のカイザーサンド)の中央の黒いものは、ドライトマトなんですって。

マジパンクグロフ・キュルビスはカボチャの種が入ってる! グラーツ名物なんですよね、カボチャの種。
ハンドメイド的な優しい味。

マジパンクグロフ・キュルビス

マジパンクグロフ・キュルビス

スッキリ!!のインタビュー。カイザーもぐもぐ食べてます。

スッキリ!!のインタビュー。カイザーもぐもぐ食べてます。

ところで、嬉しそうにお店を出たところで、日テレ「スッキリ!!」のインタビューを受けちゃいました。

カイザーをもぐもぐ食べながら、味とか食感の感想を述べさせていただきました(笑)。
放送されるかどうかわかりませんが、楽しい経験でした。

 

5月 112014
 

かぼちゃの種のパンを焼きました。

かぼちゃの種のパン Kürbiskernbrot

かぼちゃの種のパン Kürbiskernbrot

ゴマじゃないんだからこんなにまぶさなくても…と思うところですが、こんなもんじゃない、オーストリアやドイツのパン屋さんをのぞいたことがあるならば、おそらく「ああ!」と表面全体が種で覆われているパンを思い出すはず。
相当インパクトがありますから。

「かぼちゃの種のパン」は驚いたことにドイツ語では単語なのです。
「Kürbiskernbrot」と書いて「クービスケンボート」と発音するみたいです。

単語が存在するほど一般的なんてすごいです。日本で言うところの「あんパン」みたいなものでしょうか。

オーストリアでは、四角い硬いパンの表面全体にかぼちゃの種がまぶしてあったり、またパウンドケーキのような形のパン全体にまぶしてあったり、その消費っぷりには驚かされます。

かぼちゃの種のサプリがあるくらい、栄養や効能があるんですね。頻尿や酔い覚ましなんかにも効くらしいです。
捨てちゃうの、もったいない!

<材料>5個分

  • 強力粉…160g
  • きび糖…15g
  • 塩…2.4g
  • 無塩バター…10g
  • 水…80ml
  • ホシノ天然酵母フランスパン種生種…13g
  • かぼちゃの種…40g

<作り方>

  1. 中ボウルに強力粉、きび糖、塩を加えて泡立て器でふんわり混ぜ合わせます。
  2. HBのパンケースに水、無塩バター、生種を入れ、1.の粉類を加えます。
  3. 天然酵母の生地コースでこねます。
  4. こねが終わったらスイッチを切り、生地を中ボウルに取り出し、ラップをして一晩(25℃7時間)1次発酵。
  5. ガス抜きをして生地を5等分し、丸め直して20分ベンチタイム。
  6. 生地を丸め直して少し平らにのばし、表面に溶き卵を塗り、かぼちゃの種を押しつけてくっつけます。
  7. 表面を下にしてオーブンペーパーに置き、30分間前半の2次発酵をします。
  8. 生地をひっくり返してさらに20分間後半の2次発酵をします。
  9. 200℃に予熱し、15〜20分焼きます。
9月 132013
 

昨日FBで東銀座の喫茶店のオムレツサンドを見て気になって気になって…。

食べに行きたいけどがまんできずに、自作です。
ローカロリーな材料でも、思いの外ふんわりサンドできました。

オムレツサンドイッチ!

オムレツサンドイッチ!

<材料>

ヨーグルトソース

  • ヨーグルト…大さじ1
  • マヨネーズ…大さじ1
  • 塩…小さじ6/1
  • こしょう…適宜

オムレツ

  • 卵…2個
  • 牛乳…大さじ1
  • 砂糖…小さじ1
  • 塩…小さじ1/4
  • オリーブオイル…大さじ1

食パン…4枚

<作り方>

  1. ヨーグルトソースをパンに塗っておきます。
  2. 小ボウルにオムレツの材料を入れて、泡立て器でふんわり混ぜます。
  3. フライパンを熱して、オリーブオイルを注ぎ、オムレツの材料を流し込み、箸でかき混ぜながらまとめて、二つ折りにしてひっくり返し、速やかに皿に移します。
  4. まな板の上にパンを置き、オムレツを乗せて丸くまとめて、もう一枚のパンで挟み、皿で軽く重石をします。
  5. パンを切り分けます。
6月 112011
 

GOPANで焼くパネトーネマザー生地のマーブルブレッドシリーズ。
今回は自家製の米粉のキャラメルクリームを折り込みました。

ほろ苦甘さがなんともあとをひきます。大人のお楽しみブレッドです。

GOPANのパネトーネマザー・キャラメルクリームマーブル食パン

GOPANのパネトーネマザー・キャラメルクリームマーブル食パン

 

家中にバターとキャラメルの香ばしい香りが。すはぁ~。

今回も米粉のクリーム折り込みシートを折り込んだので、パンがしっとり。
米粉だとパン生地とのなじみも良く、折り込んでいる過程でクリームがはみ出しづらく、形成がしやすいのが特徴です。

GOPANのパネトーネマザー・チョコマーブル食パンの断面

GOPANのパネトーネマザー・チョコマーブル食パンの断面

 

<材料>1斤分

  • 牛乳…100ml
  • 水…60ml
  • 生クリーム…20ml
  • 強力粉…260g
  • きび糖…30g
  • 塩…2g
  • スキムミルク…5g
  • 無塩マーガリン…20g
  • パネトーネマザー…10g
  • 米粉のキャラメルクリーム折り込みシート…120g

 

<作り方>

  1. GOPANの小麦パンケース用の羽の内側にオイルスプレーを吹き付けて、あとから外しやすくしておきます。
    羽の軸の内側にスプレーオイルを吹き付けます

    羽の軸の内側にスプレーオイルを吹き付けます

  2. 小麦パンケースに液体を先に入れて、米粉のキャラメルクリーム折り込みシート以外の材料を投入し、GOPANにセットします。
    小麦パンケースに材料を入れます

    小麦パンケースに材料を入れます

  3. 「小麦」キーを押して「小麦」の「グルメ」メニューに設定します。小麦グルメパンは焦げやすいので、「焼き色」キーを押して「淡」に設定します。タイマーを1時間25分後にセットします。
    「スタート」キーを押してタイマーを開始します

    「スタート」キーを押してタイマーを開始します

  4. スタートから1時間25分たったところで、GOPANからパンケースを取り出します。打ち粉をした台にパン生地と羽を取り出します。
    羽と生地を取り出します

    羽と生地を取り出します

  5. パン生地を長方形にのばし、右側に米粉のキャラメルクリーム折り込みシートを置き、生地を三つ折りにします。
    長方形に伸ばしてキャラメルクリームシートを乗せます

    長方形に伸ばしてキャラメルクリームシートを乗せます

    クリームシートを乗せた生地を三つ折りにします

    クリームシートを乗せた生地を三つ折りにします

  6. 生地を再度長方形に伸ばして三つ折りにしたら、ラップをかけて5分間休ませます。
    三つ折りしたら5分間休ませます

    三つ折りしたら5分間休ませます

  7. さらに生地をのばして三つ折りにしたら、端からくるくるロールして、底を閉じます。
    くるくる巻いて閉じます

    くるくる巻いて閉じます

  8. 包丁で二等分します。
    巻いて閉じたら包丁で2つに切ります

    巻いて閉じたら包丁で2つに切ります

    生地の切り口

    生地の切り口

  9. 生地の切り目を上にして、パンケースに綴じ目を側面の方にして生地を置きます。そのあとは焼き上がるまで待ちます。
    生地の切り口を上にして、綴じ目を側面に向けて入れます

    生地の切り口を上にして、綴じ目を側面に向けて入れます

GOPANのパネトーネマザー・キャラメルマーブル食パンをスライス

GOPANのパネトーネマザー・キャラメルマーブル食パンをスライス

思ったほど嵩は盛り上がりませんでした。米粉のキャラメルクリームがずしり生地に絡みついているからでしょうか。

ほろ苦さと甘さのきいたキャラメルマーブルパンを、ホームベーカリーでも実現できるなんて、嬉しいなぁ。
まだまだホームベーカリー初心者なので、感激もひとしおです。

飴状のこんがりがたまりません

飴状のこんがりがたまりません